来週のお盆期間

この時期は閑散相場と思われている方も多いが、

商品相場では、毎年大きく動いている銘柄も複数あり!


要チェック!


チャンスを掴みましょう!


会員の皆様に、大変喜んでいただいております。


7月度の各銘柄の成績は、

ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


相場の情報はこちらをご参考に。


にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

NY市場の上昇を受けて、小幅続伸で始まった。その後はドル建て現物相場の軟調を背景に上げ幅を縮小し、午後では円高にも圧迫されてマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比2円安の4083円、出来高は21416枚


[東京白金]

NY市場は小幅上昇したものの、ドル建て現物相場の下落などを受けて売り優勢で始まった。その後はもみ合う場面も見られたが、午後に入ると、ドル建て現物相場の軟調や円高を受けて下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比38円安の3561円、出来高は5867枚。


[東京ガソリン]

NY原油は小動きだったものの、ブレンド原油の上伸などを受けて買い先行で始まった。その後はもみ合いが続いたが、午後に入ると、円高やNY原油時間外取引の下落などを受けて軒並みマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比300円安の62150円、出来高は9015枚。


[東京ゴム]

前日までの軟調地合いを引き継いで、総じて続落で始まった。売り一巡後は石油相場の上昇や上海ゴムの上昇などを背景に、プラスサイドに切り返した。しかし午後に入ると、円高や他商品相場の下落などを受けて地合いを弱め、期中・期先の4本が再びマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先月は前日比±0円の219.0円、出来高は6018枚。


[東京コーン]

シカゴの上昇などを受けて、続伸して始まった。その後はもみ合いが続いたが、午後ではシカゴ時間外取引の続伸などを背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比450円高の29990円、出来高は8015枚。


[東京一般大豆]

シカゴの続伸などを受けて、軒並み買い先行で始まった。その後はシカゴ時間外取引の続伸などを背景に、上げ幅を拡大した。買い一巡後は高値圏でのもみ合いが続いたが、終盤にかけては円高に圧迫されて上げ幅を削って取引を終了している。

先限は前日220円高の49400円、出来高は3438枚。