相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。

相場の世界では、常に勝ち続けている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。

当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわれず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。

本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。

当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。

資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。

実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用することをお勧めいたします。

そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


業界ニュース

「お金の教養フェスティバル2012」への協賛について

以下、東京工業品取引所より

 東京工業品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 江崎格)は、日本ファイナンシャルアカデミー株式会社が主催する個人投資家等を対象とするイベント「お金の教養フェスティバル2012」に協賛します。

本イベントは、お金について正しく学び「お金の教養」を身につけ、自分らしいライフスタイルを送るためのお金の知性を身につけてもらうことを目的としており、今回で8回目の開催となります。また、今回のイベントでは、慶應義塾大学教授の竹中平蔵氏やNPO法人ガイア・イニシアティブ代表の野中ともよ氏といった著名人による講演が予定されています。


イベント名:お金の教養フェスティバル2012

概要:お金の教養、経済、資産形成、ビジネス、教育

開催日時:2012年9月17日(祝)12時~17時30分

会場:昭和女子大学 人見記念講堂(東京都世田谷区)

講演予定者:慶應義塾大学総合政策学部教授 竹中平蔵氏

NPO法人ガイア・イニシアティブ代表 野中ともよ氏 ほか

入場料:無料(要事前登録 )

参照URL:http://www.f-academy.jp/page/festival.html

主催:日本ファイナンシャルアカデミー株式会社




会員の皆様に、大変喜んでいただいております。


7月度の各銘柄の成績は、

ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


相場の情報はこちらをご参考に。


にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

NY市場の下落を受けて、軒並み売り先行で始まった。売り一巡後はドル建て現物相場の下げ一服や終盤の円安を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比5円安の4085円、出来高は19650枚


[東京白金]

NY市場の下落を受けて、売り優勢で始まった。売り一巡後はドル建て現物相場の下げ一服を背景に下げ幅を縮小し、終盤にかけては円安やドル建て現物相場の上昇に支援されてプラスサイドに浮上して取引を終了している。

先限は前日比12円高の3550円、出来高は6981枚。


[東京ガソリン]

NY原油は下落したものの、ブレンド原油の上伸を受けて総じて買い優勢で始まった。買い一巡後は地合いを緩める場面も見られたが、引けにかけては円安やNY原油時間外取引の上昇を背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比430円高の62950円、出来高は6204枚。


[東京ゴム]

前日の上海、シンガポールゴムの一段安などを受けて、軒並み続落で始まった。その後は上海、シンガポールゴムの大幅続落を背景にサーキットブレーカーが発動されるなど、軒並み下げ幅を拡大した。しかし終盤にかけては円安進行などを受けて下げ幅を縮小して取引を終了している。

先月は前日比5.9円安の208.0円、出来高は8327枚。


[東京コーン]

シカゴの下落を受けて、総じて続落で始まった。その後はもみ合いで推移したが、引けにかけては地合いを弱めて取引を終了している。

先限は前日比470円安の28630円、出来高は7895枚。


[東京一般大豆]

シカゴの反落を受けて、軒並み売り先行で始まった。その後はシカゴ時間外取引の小幅反発を背景に下げ幅を縮小する場面も見られたが、午後ではシカゴ時間外取引が下落に転じたことを受けて、軒並み下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日1180円安の48220円、出来高は4886枚。