相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。

相場の世界では、常に勝ち続けている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。

当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわれず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。

本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。

当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。

資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。

実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用することをお勧めいたします。

そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


皆様に大変ご好評いただいております。


にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



業界ニュース


金投資をテーマに交流の場

東工取・先物振興協会が後援

金に関わる業者で構成されるゴールドフェスティバル運営事務局は12月2日、一般投資家を対象とする投資イベント「Tokyo Gold Festival 2012」を開催する。

金投資をテーマに一般投資家、アナリスト、調査機関、取引所、取引業者、メディア等の関係者に、同じ目線で対面的に直接交流可能な場を提供するのがねらい。

会場は都内のコクヨホール(港区港南1)で定員は300人程度、参加費は無料としている。

商品先物業界からは東京工業品取引所、日本商品先物振興協会が後援し、このほか東京証券取引所、大阪証券取引所、ワールドゴールドカウンシル、その他関連業者等も後援に名を連ねている。

 イベントでは金に関する講演やクイズ、プレゼント抽選会などが予定されている。詳細及び申込みは専用サイト(http://goldfes.jp/)へ。


先物協会、個人投資家向けに商品先物入門書を制作へ

ダイヤモンド社「ZAiシリーズ」から来年2月に発売

日本商品先物振興協会は20日の理事会で、商品先物取引の入門書籍を制作し出版することを承認した。ダイヤモンド社発行の投資家向け入門シリーズ「ZAiが作った×××」の1冊として出版する。

個人ライター名義にせず同社編集部と協会事務局の共著扱いとする方針。150ページから200ページ程度のボリュームで、来年2月発売で初版は2万部を予定している。コンテンツは事務局、広報戦略検討小委員会委員長、出版社で協議し過去の関連書籍、出版物をベースに案をまとめ小委員会に諮り決める。

来月上旬にも編集打合せの上構成を決め、中旬に本文やレイアウトの作成を開始し年内に入稿、来年2月上旬に印刷を終え書店販売開始の流れを辿る。産構審で「商品先物を紹介する書籍がほとんど見当たらない」との意見が委員から上がり、検討を進めていた。

また同日は協会が始めたCX講師宅配便に関して、日本個人投資家協会や横浜の投資家団体からオファーが来ている状況を明らかにした。事務局では講師の宅配を随時募集している。


東工取、主務省に農産物市場の開設を申請

東京工業品取引所は21日、農水・経産両主務省に「農産物・砂糖市場」の開設を申請した。3カ月の公示期間を経て来年1月中旬頃認可される見通し。取引開始は2月12日を予定している。


ミニ取引の商品設計の変更について-東京工業品取引所

変更内容・・・金ミニ取引及び白金ミニ取引の商品設計について

詳細は、こちらをご覧ください。


農産物市場振興策の実施について=東京穀物商品取引所

1.取引キャンペーンの実施

  抽選で、コメ券、商品券などをプレゼント。

2.投資家及び外務員等を対象とした講演会の開催

3.売買コンクールの実施

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

 

地上波テレビ等での農産物先物情報の提供について=東京穀物商品取引所

リアルタイムの農産物先物価格を表示し、今週の農産物の値動きや海外の相場動向、産地の天候などについて情報提供を行う予定。

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)




[東京金]

NY市場の下落を受けて、総じて売り優勢で始まった。その後はドル建て現物相場の下げ一服や円安などを受けてプラスサイドに転じ、終盤にかけて、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比29円高の4425円、出来高は47264枚


[東京白金]

NY市場は下落したものの、株安一服などを受けて買い優勢で始まった。その後はドル建て現物相場の堅調や円安などを受けて上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比36円高の4092円、出来高は17357枚


[東京ガソリン]

NY原油の続落を受けて、売り先行で始まった。その後はもみ合いで推移した。午後では下げ幅を拡大する場面も見られたが、終盤にかけては円安進行を受けて下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比250円安の64400円、出来高は8450枚。


[東京ゴム]

前日の夜間取引の堅調地合いを引き継いで、軒並み反発で始まった。その後はサーキットブレーカーが発動されて上げ幅を拡大した。午後ではもみ合いに転じたが、終盤にかけては再び地合いを引き締めて一段高となって取引を終了している。

先限は前日比8.7円高の260.0円、出来高は12305枚。


[東京コーン]

まちまちで始まった。その後は再開したシカゴ時間外取引の上昇や円安進行を背景に、堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比220円高の25670円、出来高は2000枚。


[東京一般大豆]

シカゴの上昇どを受けて、総じて買い優勢で始まった。その後は円安進行などを背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比200円高の49000円、出来高は1352枚。