新春先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




6月

先ずはデイトレ、ガソリン・ゴムが、

大幅利益でスタート!



業界ニュース


「金×株×為替×経済 : スペシャリスト対談 ~揺らぐ時代の投資戦略を考える四時間~」のお知らせ

以下、東京商品取引所より。

東京商品取引所は、個人投資家向けセミナー「金×株×為替×経済 : スペシャリスト対談 ~揺らぐ時代の投資戦略を考える四時間~」を東京金融取引所、ゴールドフェスタ運営事務局と共催します。

本セミナーは参加費無料です(要事前登録)。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


【セミナー名】

アクティブ投資家向けプレミアムセミナー・特別編

『 金×株×為替×経済 : スペシャリスト対談 ~揺らぐ時代の投資戦略を考える四時間~ 』

【開催日】

 2013年7月6日(土)

【時 間】

 14:00-18:00 (13:15開場)

【会 場】

 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター ソラシティホール (東京都千代田区)

【定 員】

 450名 (参加費無料、事前申込制。応募者多数の場合、抽選)

【講演者】

 マーケットアナライズ メインコメンテーター  岡崎 良介 氏

 株式アナリスト  鈴木 一之 氏

 スタンダードバンク東京支店長  池水 雄一 氏

 マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表  亀井 幸一郎 氏

 為替アナリスト  深谷 幸司 氏

【主 催】

 東京商品取引所、東京金融取引所、ゴールドフェスタ運営事務局

【後 援】

 ワールド ゴールド カウンシル、日本商品先物振興協会


※ 詳しくはこちら 

http://goldfes.jp/spinoff_vol5/





「みんなの株式Specialセミナー『どうなる!どうする!株・為替・商品』

東京商品取引所は、個人投資家向けセミナー「みんなの株式Specialセミナー『どうなる!どうする!株・為替・商品』」に後援します。

本セミナーは参加費無料です(要事前登録)。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

【セミナー名】

「みんなの株式Specialセミナー『どうなる!どうする!株・為替・商品』」

【開催日】

2013年6月12日(水)

【時 間】

19:00開演(18:30開場)

【会 場】

東京商品取引所 B1セミナールーム

【定 員】

80名 (参加費無料、先着順) ※要事前予約

【来場者特典】

・『商品先物取引』入門(ダイヤモンド社発行)

・日刊 株式経済新聞

【後 援】

日本商品先物振興協会、株式会社東京商品取引所、

大阪堂島商品取引所、株式会社日本商品清算機構


※ 詳しくはこちら http://money.minkabu.jp/38971





 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ







[東京金]

ドル・円相場が1ドル=100円台半ばまで円高に振れている上、NY市場の下落を受けて軒並み反落して始まった。その後はドル建て現物相場が堅調を背景に下げ幅を縮小する場面も見られたが、午後では円高に上値を抑えられ、地合いを弱めて取引を終了している。

先限は前日比99円安の4511円、出来高は44326枚


[東京白金]

円高やNY市場の下落を受けて、反落して始まった。売り一巡後はドル建て現物相場の下げ一服などを背景に下げ幅を縮小したが、午後に入ると、円高などに上値を抑えられ、もみ合いに転じて取引を終了している。

先限は前日比51円安の4779円、出来高は12731枚。


[東京ガソリン]

ドル・円相場が1ドル=100円台半ばまで円高に振れている上、NY原油の急反落をを受けて軒並み急落して始まった。売り一巡後はNY原油時間外取引の反発などを背景に下げ幅を縮小したが、午後では円高に上値を抑えられ、再び地合いを緩めて取引を終了している。

先限は前日比940円安の71610円、出来高は10405枚。


[東京ゴム]

ドル・円相場が1ドル=100円台半ばまで円高に振れている上、前週末のシンガポールゴムの下落やNY原油の下落などを受けて軒並み急反落して始まった。売り一巡後は上海ゴムの上昇を背景に急速に地合いを強めて一時プラスサイドに切り返す場面も見られたが、午後では円高などを受けて軟調に推移して取引を終了している。

先限は前日比2.4円安の256.5円、出来高は13938枚。


[東京コーン]

ドル・円相場が1ドル=100円台半ばまで円高に振れているものの、シカゴの上昇などを受けて総じて買い優勢で始まった。その後は再開したシカゴ時間外取引の堅調などを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比320円高の28870円、出来高は2230枚。


[東京一般大豆]

円高やシカゴの上昇など強弱感が交錯して、まちまちで始まった。その後は円高を嫌気して当限が急落する場面も見られたが、シカゴ時間外取引の続伸に支援されて堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比690円高の55280円、出来高は976枚。