先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



おかげさまで大盛況の『午年・2014☆先物キャンペーン』も残すところあと1日


チャンスを活かしましょう!


ご検討中の方、ご参加までの方、お早めに!!




午年・2014先物キャンペーン』を開催させていただきます。

午年。うまは人との付き合いが古く、昔から人の役に立ってきました。

「物事が”うま”くいく」「幸運が駆け込んでくる」などといわれるとても縁起のいい動物でもあります。

平成26年度は、今年の干支のように皆様のお役に立てるよう最善を尽くす所存です。

そして、皆様に幸運が訪れることを心から願っております。


2014年度はシステムによる高パフォーマンスにもご期待下さい!!

詳細は、今すぐ下記ホームページで。




業界ニュース


2月5日に第9回CX市況講演会


受講料無料、定員は先着100人

東京商品取引所・大阪堂島商品取引所・日本商品先物振興協会は2月5日、第9回CX市況講演会を開催する。

講演会は3部構成で、時間は17時半から20時。会場は東京商品取引所で定員は先着100人、受講料は無料となる。申込みは先物協会広報部(TEL:03-3664-5731)へ。講師及び演題は以下のとおり。

(第1部)17時半〜18時半、演題=「白金(プラチナ)/生産現場から利用状況・タイト化する需給まで」、講師=コモディティーインテリジェンス・近藤雅世代表取締役

(第2部)18時35分〜18時50分、演題=「コメ/2014年の日本のコメ相場の動向と需給」、講師=トーキョートレーダーズタイムズ・小針秀夫代表取締役

(第3部)19時〜20時、パネルディスカッション=「為替市況展望/国際商品・東商取相場への影響」、司会=ワーズオン・鈴木佐知子代表、パネル=東京商品取引員調査部会(岡安商事・青山真吾・IS本部次長、フジトミ・齋藤和彦・チーフアナリスト)



日商協ゼミ、2月に4回開催( 日本商品先物取引協会 )

各回とも定員60人、参加費は1講座3,000円

日本商品先物取引協会は20日、日商協ゼミナールの今年度第2期における開催日程を発表した。それによると開催は2月7日、14日、21日、27日の4回で、時間はいずれも17時から18時半まで。

会場は商品先物取引業者である日本ユニコムが本社事務所(日本橋蛎殻町1)の7階会議室を提供する。定員は各回とも60人で対象は会員役職員及び一般投資家とする。

参加費は1講座1人あたり3,000円(税込)で、申込みは2月3日までに事務局をつとめる市場経済研究所(TEL:03-3664-2161)へ。

なお、各回の講師及び演題は下記のとおり。

第1回(7日)

・演題=「最新判例にみる金融商品トラブルの現状と対応策」、講師=明治大法科大学院・河内隆史教授

第2回(14日)

・演題=「2014年の金・プラチナ市場動向をよむ」、講師=スタンダードバンク東京支店・池水雄一支店長

第3回(21日)

・演題=「2014年の世界経済とマーケットをよむ」、講師=BNPパリバ証券投資調査本部・中空麻奈本部長

第4回(27日)

・演題=「石油中心にみる国際商品市況」、講師=伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリー・伊藤敏憲代表




「Tokyo Gold Festival 2014」のお知らせ

政治学者であり元厚生労働大臣の舛添要一氏による基調講演をはじめ、金のスペシャリストによる講演やプレゼント抽選会など金に関心を示す個人投資家等にとって非常に魅力的なコンテンツが用意されています。

イベント名

Tokyo Gold Festival 2014

日時

2014年2月11日(火・祝)12:00~18:00

場所

THE GRAND HALL(品川)

参加費

無料(事前申込制)

定員 480名

講演者(予定)

政治学者、元厚生労働大臣 舛添要一氏

ワールド ゴールド カウンシル駐日代表 森田隆大氏

豊島逸夫事務所代表 豊島逸夫氏

マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表 亀井幸一郎氏

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏 

生活経済ジャーナリスト いちのせかつみ氏 等

主催

ゴールドフェスタ運営事務局

特別後援

ワールドゴールドカウンシル

後援

東京商品取引所、日本商品先物振興協会、東京証券取引所、CMEグループ

参照ページ

http://goldfes.jp/ :title=http://goldfes.jp/




 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ




[東京金]

NY市場は反発したものの、ドル円相場が1ドル=102円台前半まで円高に振れていることを受けて売りが優勢で始まった。その後はドル建て現物相場の下落などを背景に下げ幅を拡大したが、午後に入ると、円高一服を受けて安値より値を戻して取引を終了している。

先限は前日比9円安の4167円、出来高は28457枚


[東京白金]

ドル円相場が1ドル=102円台前半まで円高に振れている上、NY市場の下落を受けて軒並み続落して始まった。その後は株安などを背景に下げ幅を拡大し、午後はもみ合いとなって取引を終了している。

先限は前日比67円安の4669円、出来高は23588枚。


[東京ガソリン]

ドル=102円台前半まで進んだ円高などを受けて、軒並み反落して始まった。その後はNY原油時間外取引の軟調などを背景に下げ幅を拡大する場面も見られたが、午後に入ると、円高一服を受けて下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比380円安の80770円、出来高は8166枚。


[東京ゴム]

ドル円相場が1ドル=102円台前半まで円高に振れている上、石油相場の下落などを受けて軒並み反落して始まった。その後は上海ゴムの続落を背景に下げ幅を拡大した。午後では円高一服や石油相場の反発などを受けて、下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比4.5円安の228.2円、出来高は16943枚。


[東京コーン]

円高とシカゴの下落を受けて、軒並み反落して始まった。その後は下げ幅を拡大する場面も見られたが、午後では円高一服などを背景に下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比220円安の25700円、出来高は1112枚。


[東京一般大豆]

ドル円相場が1ドル=102円台前半まで円高に振れている上、シカゴの下落を受けて反落して始まった。その後は下げ幅を拡大する場面も見られたが、午後では当限が4ケタ高となって一代の高値を更新するなど、期近中心に地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比140円安の54260円、出来高は376枚。