En-Richの楽しいとありがとうの商品先物

20年以上の実績と最強のテクニカル分析で、金、白金、原油、ガソリン、ゴム、とうもろこしの商品相場の情報をお届けしていきます。

2010年09月

過去最高利益をさらに更新!!!

相変わらず人気のガソリン、ゴム、金のスイング

今月も獲得利益幅を拡大で、さらに過去最高利益を更新!!


10月度も期待は大か!!!


その他のコースもシステムに共通点があるため、今後は期待度UP!


特に注目はガソリン デイトレか!

毎年10月度は一度も負けなし!!


お楽しみに!



以下は、9月度の獲得利益幅です。

東京ガソリン スイングトレード・・・

東京ガソリン デイトレード・・・

東京ゴム スイングトレード・・・

東京ゴム デイトレード・・・

東京金 スイングトレード・・・

東京白金 スイングトレード・・・

東京コーン スイングトレード・・・

東京一般大豆 スイングトレード・・・

詳細はHPで!


マネポケ金融投資ブログランキング




にほんブログ村 先物 システムトレード

にほんブログ村 商品先物

人気ブログランキングへ



[東京金]

NY市場の上昇を受けて買いが優勢で始まった。その後は円高進行やドル建て現物相場の反落を受けて軒並みマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比12円安の3518円、出来高は32693枚。


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて続伸して始まった。その後は円高進行やドル建て現物相場の下落に圧迫されて、軒並みマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比26円安の4409円、出来高は12675枚。


[東京ガソリン]

NY原油の急反発を受けて、軒並み続伸して始まった。その後は期先2本が一代高値を更新するなど上げ幅を拡大する場面も見られたが、午後では円高進行に圧迫されて地合いを緩めて取引を終了している。

先限は前日比820円高の52840円、出来高は11140枚。


[東京ゴム]

石油相場の続伸や貴金属相場の堅調を受けて、軒並み買いが先行して始まった。買い一巡後は円高進行に嫌気した手仕舞い売りなどに押され、急速に地合いを崩した。しかし午後では押し目買い意欲も強く、徐々に地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比1.3円高の311.0円、出来高は14417枚。


[東京コーン]

シカゴ市場の急反発を受けて、反発して寄り付いた。その後はシカゴ時間外取引の軟調や円高進行を背景に、当限がマイナスサイドに沈むなど上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比60円高の23360円、出来高6967枚。


[東京一般大豆]

各限月まちまちで寄り付いた。その後は期近3本は軟調に推移し、期先3本は堅調に推移した。しかし引けでは円高進行に圧迫されて軒並み本日の安値で取引を終了している。

先限は前日40円高の44220円、出来高は5529枚。

今月も1位獲得です!

ランク1位!


相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。

相場の世界では、常に勝ち続けている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。

当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわれず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。

本格的な資産運用としてご紹介させていただいるため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。

当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。

資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。

実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用することをお勧めいたします。

そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


マネポケ金融投資ブログランキング


もっと詳しく見る


にほんブログ村 先物 システムトレード

にほんブログ村 商品先物

人気ブログランキングへ




[東京金]

ドル・円相場が1ドル=83円台後半まで円高に振れているものの、NY市場の急伸を受けて軒並み反発して始まった。その後は高値圏でのもみ合いとなったが、午後では円高進行に上値を抑えられ上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比24円高の3530円、出来高は41613枚。


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて反発して始まった。その後はドル建て現物相場の堅調を背景に上げ幅を拡大する場面も見られたが、引けにかけては円高進行に圧迫されて上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比42円高の4435円、出来高は13345枚。


[東京ガソリン]

NY原油は小幅下落したものの、NY原油時間外取引の上昇などを受けて買いが先行して始まった。買い一巡後はもみ合いで推移し、午後では円高に圧迫されて上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比270円高の52020円、出来高は10794枚。


[東京ゴム]

石油や貴金属相場の反発などを受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後は戻り売り圧力も強くマイナスサイドまで沈む場面も見られたが、午後では石油や貴金属相場の堅調や上海市場の上昇に支援されプラスサイドに回復して取引を終了している。

先限は前日比1.3円高の309.7円、出来高は11317枚。


[東京コーン]

ドル・円相場が1ドル=83円台後半まで円高に振れた上、シカゴ市場の続落を受けて軒並み続落して寄り付いた。その後は下げ幅を縮小する場面も見られたが、引けにかけてはシカゴ時間外取引の下落や円高進行に圧迫されて下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比560円安の23300円、出来高10157枚。


[東京一般大豆]

円高やシカゴ市場の急反落を受けて、軒並み続落して寄り付いた。その後は当限が下げ渋る展開となったが、その他の限月はシカゴ時間外取引の軟調を背景に下げ幅を拡大した。引けにかけては円高進行を受けて、期先を中心に当限を除く5限月が一段安となって取引を終了している。

先限は前日1200円安の44180円、出来高は7503枚。

○○○は売りサイン的中!

9月度も残り2営業日

フル稼働中のシステムの結果は如何に!?


やはり、○○○は大注目か!!


東京穀物商品取引所より10月中の適用証拠金等の発表がございました。

とうもろこし、一般大豆につきましては変更はございません。


マネポケ金融投資ブログランキング


もっと詳しく見る


にほんブログ村 先物 システムトレード

にほんブログ村 商品先物

人気ブログランキングへ




[東京金]

NY市場は小幅上昇したものの、ドル建て現物相場の下落を受けて売り優勢で始まった。その後はもみ合いで推移したが、午後に入ると円ジリ高やドル建て現物相場の軟調を背景に下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比20円安の3506円、出来高は21237枚。


[東京白金]

NY市場の下落を受けて、続落して始まった。その後は円ジリ高やドル建て現物相場の下落を背景に下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比72円安の4393円、出来高は13146枚。


[東京ガソリン]

NY原油は小幅上昇したものの、夜間取引の軟調地合いを引き継いで売りが優勢で始まった。その後は円ジリ高などを背景に地合いを弱め、下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比460円安の51750円、出来高は10230枚。


[東京ゴム]

石油や貴金属相場の下落を受けて、続落して始まった。売り一巡後は様子見ムードの広がりからもみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比2.5円安の308.4円、出来高は10171枚。


[東京コーン]

シカゴ市場の急反落を受けて、軒並み反落して寄り付いた。その後はもみ合う場面も見られたが、後場に入ると地合いを緩め引けにかけては一段安となって取引を終了している。

先限は前日比690円安の23860円、出来高8999枚。


[東京一般大豆]

シカゴ市場の上げ一服や再開したシカゴ時間外取引の下落を受けて、軒並み反落して寄り付いた。その後は期近3本は下げ幅を縮小する展開となり、期先にかけては手仕舞い売りなどに押されて下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日440円安の45380円、出来高は8078枚。

先物 早い者勝ち!

ガソリン ゴールド会員(スイングトレード)に若干の空きがございますのでお知らせいたします。

現在、新規募集を一時停止しておりますが若干の空きがございますので、ご希望の方はお申し出ください。


早い者勝ち!!


マネポケ金融投資ブログランキング


もっと詳しく見る


にほんブログ村 先物 システムトレード

にほんブログ村 商品先物

人気ブログランキングへ



相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。

相場の世界では、常に勝ち続けている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。

当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわれず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。

本格的な資産運用としてご紹介させていただいるため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。

当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。

資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。

実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用することをお勧めいたします。

そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。




[東京金]

NY市場は続伸し史上最高値を更新したものの、円高やドル建て現物相場の上げ一服を受けて売りが優勢で始まった。その後は円ジリ高を背景に下げ幅を拡大する場面も見られたが、午後ではドル建て現物相場の堅調に支援されて下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比5円安の3526円、出来高は28985枚。


[東京白金]

NY市場の反落や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は円ジリ高やドル建て現物相場の上げ一服を背景に下げ幅を拡大する場面も見られたが、午後では押し目買い意欲も見られ地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比18円安の4465円、出来高は10026枚。


[東京ガソリン]

NY原油の続伸や週明けのNY原油時間外取引の堅調を受けて、軒並み反発して始まった。その後は地合いを強めて上げ幅を拡大した。しかしNY原油時間外取引が上げ一服となると、地合いを弱め引けにかけて狭いレンジ内でのもみ合いで推移して取引を終了している。

3月限は前日比630円高の51030円、新甫4月限は終値52210円、出来高は11041枚。


[東京ゴム]

石油相場の反発などを受けて、当限を除く5本が買いが先行して始まった。その後は12~2月限の3本が一代高値を更新するなど地合いを強める場面も見られたが、円ジリ高や貴金属相場の下落などを眺めた手仕舞い売りなどに押され、軒並み地合いを崩しマイナスサイドで取引を終了している。

2月限は前日比0.4円高の309.3円、新甫3月限は終値310.9円、出来高は12772枚。


[東京コーン]

シカゴ市場の急反発や週明けのシカゴ時間外取引の続伸を受けて、全限月が一代高値を更新するなど軒並み急反発して寄り付いた。その後は円ジリ高などを背景に期近・期中は利食い売りなどに押され上げ幅を縮小したが、期先においては高値圏でのもみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比650円高の24550円、出来高9748枚。


[東京一般大豆]

シカゴ市場の急伸や週明けのシカゴ時間外取引の続伸を受けて、軒並み一代高値を更新し大幅続伸して寄り付いた。その後は利食い売りなどに押される場面も見られたが、総じて堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日970円高の45820円、出来高は9835枚。

9月最終週に!

過去最高利益更新中の金システム!

今月も好調!

月間獲得利益幅は300円を突破!!


9月度も残り4営業日

各コースまだまだ面白い展開が予想される!



東京工業品取引所より、2010年10月中の証拠金等の発表がございました。

サーキットブレーカーの変更銘柄はございません。

証拠金の変更銘柄は以下になります。

ゴム    90,000円 → 60,000円

白金   105,000円 → 90,000円

白金ミニ 28,000円 → 24,000円

パラジウム60,000円 → 45,000円

原油 150,000円 → 120,000円

ガソリン 150,000円 → 120,000円

灯油 150,000円 → 120,000円

軽油 150,000円 → 120,000円



マネポケ金融投資ブログランキング


もっと詳しく見る


にほんブログ村 先物 システムトレード

にほんブログ村 商品先物

人気ブログランキングへ





[東京金]

NY市場は続伸したものの、円高を受けて売り優勢で始まった。その後はもみ合いで推移した。午後では日銀の円売り介入で円が急落すると急速に地合いを強め軒並みプラスサイドに浮上した。しかし引けにかけては円安一服を背景に上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比2円高の3531円、出来高は53834枚。


[東京白金]

円高に振れたものの、NY市場の大幅続伸を受けて総じて買いが先行して始まった。その後はドル建て現物相場の下落を背景に軟調に推移した。午後では円急落を受けて急速に地合いを強め上げ幅を拡大したが、円安が一服すると地合いを緩め上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比14円高の4483円、出来高は19084枚。


[東京ガソリン]

NY原油は小幅上昇したものの、円高を受けて売りが先行して始まった。その後は下げ幅を縮小してもみ合いで推移した。午後では日銀の介入による大幅な円安で軒並みプラスサイドに切り返す場面も見られたが、円安一服を受けて引けにかけては地合いを崩し、当限を除く5本がマイナスサイドで取引を終了している。

先限は前日比260円安の50400円、出来高は9757枚。


[東京ゴム]

石油相場の続落や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は納会を迎える当限主導で地合いを引き締め、一時全限月がプラスサイドに浮上した。しかし引けにかけては円安一服や石油や貴金属相場の軟調地合いを背景に期近2本を除く4本がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比0.6円安の308.9円、出来高は4883枚。


[東京コーン]

シカゴ市場の下落や円高を受けて、軒並み続落して寄り付いた。その後は地合いを引き締めて下げ幅を縮小した。後場に入ってからは日銀の円売り介入による円急落に支援されさらに下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比120円安の23900円、出来高6459枚。


[東京一般大豆]

シカゴ市場は続伸したものの、円高を受けて売りが先行して寄り付いた。その後はシカゴ時間外取引の上昇を背景に軒並み反発した。後場では円急落に支援されて軒並み一段高となって取引を終了している。

先限は前日340円高の44850円、出来高は4148枚。







過去最高利益更新中の金システム!

今月も好調!

月間獲得利益幅は300円を突破!!


9月度も残り4営業日

各コースまだまだ面白い展開が予想される!



東京工業品取引所より、2010年10月中の証拠金等の発表がございました。

サーキットブレーカーの変更銘柄はございません。

証拠金の変更銘柄は以下になります。

ゴム    90,000円 → 60,000円

白金   105,000円 → 90,000円

白金ミニ 28,000円 → 24,000円

パラジウム60,000円 → 45,000円

原油 150,000円 → 120,000円

ガソリン 150,000円 → 120,000円

灯油 150,000円 → 120,000円

軽油 150,000円 → 120,000円



マネポケ金融投資ブログランキング


もっと詳しく見る


にほんブログ村 先物 システムトレード

にほんブログ村 商品先物

人気ブログランキングへ





[東京金]

NY市場は続伸したものの、円高を受けて売り優勢で始まった。その後はもみ合いで推移した。午後では日銀の円売り介入で円が急落すると急速に地合いを強め軒並みプラスサイドに浮上した。しかし引けにかけては円安一服を背景に上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比2円高の3531円、出来高は53834枚。


[東京白金]

円高に振れたものの、NY市場の大幅続伸を受けて総じて買いが先行して始まった。その後はドル建て現物相場の下落を背景に軟調に推移した。午後では円急落を受けて急速に地合いを強め上げ幅を拡大したが、円安が一服すると地合いを緩め上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比14円高の4483円、出来高は19084枚。


[東京ガソリン]

NY原油は小幅上昇したものの、円高を受けて売りが先行して始まった。その後は下げ幅を縮小してもみ合いで推移した。午後では日銀の介入による大幅な円安で軒並みプラスサイドに切り返す場面も見られたが、円安一服を受けて引けにかけては地合いを崩し、当限を除く5本がマイナスサイドで取引を終了している。

先限は前日比260円安の50400円、出来高は9757枚。


[東京ゴム]

石油相場の続落や円高を受けて、売りが先行して始まった。その後は納会を迎える当限主導で地合いを引き締め、一時全限月がプラスサイドに浮上した。しかし引けにかけては円安一服や石油や貴金属相場の軟調地合いを背景に期近2本を除く4本がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比0.6円安の308.9円、出来高は4883枚。


[東京コーン]

シカゴ市場の下落や円高を受けて、軒並み続落して寄り付いた。その後は地合いを引き締めて下げ幅を縮小した。後場に入ってからは日銀の円売り介入による円急落に支援されさらに下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比120円安の23900円、出来高6459枚。


[東京一般大豆]

シカゴ市場は続伸したものの、円高を受けて売りが先行して寄り付いた。その後はシカゴ時間外取引の上昇を背景に軒並み反発した。後場では円急落に支援されて軒並み一段高となって取引を終了している。

先限は前日340円高の44850円、出来高は4148枚。


先物リンク
プロフィール
●クリックすると、ある銘柄のサインが表示されます●

2016年商品全コース総利益(1枚ベース)
29,164,500円
商品年間総利益(1枚ベース)
2011年 19,468,100円

2012年 22,674,500円

2013年 21,510,700円

2014年  9,592,300円

2015年 18,332,500円

2016年 29,164,500円

*2010年以前のものは公式サイトでご確認ください。
【お問合せ】
下記公式サイトへ
極めるFX
月別アーカイブ
FX



  • ライブドアブログ