En-Richの楽しいとありがとうの商品先物

20年以上の実績と最強のテクニカル分析で、金、白金、原油、ガソリン、ゴム、とうもろこしの商品相場の情報をお届けしていきます。

2012年07月

7月度の各銘柄スイングは好調!

7月度

スイングは総じて好調!


5月、6月不調だった金は、大量利益で一気に巻き返しをはかる!

バラティリティ上昇中の穀物相場も今月は大幅利益獲得。

コーンは昨年度の年間利益をもあっさりと抜き、

獲得利益幅14000円の大台を突破!

一般大豆も昨年度年間獲得利益幅突破も間近に迫る!


そして、ガソリンにおいては、

スイング・デイトレともに年間獲得利益、50,000円幅の大台を突破!


今後も幾度となく訪れるチャンス。

8月度のシステムパフォーマンスにご期待下さい!


会員の皆様に、大変喜んでいただいております。


7月度の各銘柄の成績は、

ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


相場の情報はこちらをご参考に。


にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

NY市場は小幅上昇したものの、円高を受けて売り優勢で始まった。その後はドル建て現物相場の堅調などを背景にプラスサイドに転じたが、終盤にかけては地合いを緩め、再びマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比2円安の4084円、出来高は24168枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、買い優勢で始まった。その後はドル建て現物相場の堅調などを背景に上げ幅を拡大したが、午後ではもみ合いとなって取引を終了している。

先限は前日比37円高の3585円、出来高は8414枚。


[東京ガソリン]

円高やNY原油の小反落を受けて、売り優勢で始まった。その後はNY原油時間外取引の反発や中東産原油の上伸などを背景に下げ幅を縮小したが、午後ではNY原油時間外取引が下落に転じたことなどを受けて下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比300円安の59300円、出来高は5700枚。


[東京ゴム]

前日の夜間取引の軟調地合いを引き継いで、続落で始まった。売り一巡後は石油や貴金属相場の上昇などを背景に下げ幅を縮小する場面も見られたが、午後では再び地合いを緩めて取引を終了している。

先月は前日比2.0円安の230.0円、出来高は13466枚。


[東京コーン]

シカゴは上昇したものの、円高や再開したシカゴ時間外取引の反落などを受けて売り優勢で始まった。売り一巡後はシカゴ時間外取引の反発を背景に、一時全限月がプラスサイドに浮上するなど軒並み地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比20円安の29470円、出来高は8784枚。


[東京一般大豆]

シカゴの続伸を受けて、総じて買い優勢で始まった。その後は上げ幅を削る場面も見られたが、シカゴ時間外取引の上昇などを背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日850円高の50140円、出来高は6353枚。

コーン、大豆相場は大幅プラス!

穀物

コーン、一般大豆も大幅利益を獲得!


先週のシステム途転買いサインから、

本日、利食いにて大幅プラス獲得!


一般大豆は月間獲得利益9000円幅突破で、

先月に引き続き、10,000円超えなるか!!



会員の皆様に、大変喜んでいただいております。


ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


相場の情報はこちらをご参考に。


にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

円安やNY市場の上昇を受けて、買い優勢で始まった。その後はドル建て現物相場の軟調などを背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比10円高の4086円、出来高は38817枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、買い優勢で始まった。その後はドル建て現物相場の軟調などを受けて地合いを崩し、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比24円安の3548円、出来高は7442枚。


[東京ガソリン]

円安やNY原油の続伸を受けて、軒並み買い先行で始まった。買い一巡後はもみ合いで推移したが、午後に入ると、NY原油時間外取引の下落を背景に上げ幅を削って取引を終了している。

先限は前日比90円高の59600円、出来高は9312枚。


[東京ゴム]

円安や石油・貴金属相場の上昇などを受けて、総じて続伸して始まった。その後は地合いを引き締めて上げ幅を拡大する場面も見られたが、午後では石油相場の下落やシンガポールゴムの軟化を受けて急速に地合いを弱め、マイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先月は前日比3.0円安の232.0円、出来高は8848枚。


[東京コーン]

シカゴの上昇や週明けのシカゴ時間外取引の続伸などを受けて、軒並み急反騰で始まった。その後はもみ合いで推移したが、終盤にかけては上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比1050円高の29490円、出来高は7620枚。


[東京一般大豆]

シカゴの反発や週明けのシカゴ時間外取引の大幅続伸などを受けて、軒並み大幅高で始まった。その後はシカゴ時間外取引の下落を背景に上げ幅を縮小する場面も見られたが、午後では再びシカゴ時間外取引が上昇したことに支援されて、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日1390円高の49290円、出来高は5352枚。

金の買い直しも成功!その他の銘柄でも順調に利益を積み上げ!

予告通り!

スイング複数銘柄で面白い展開に!!


本日、貴金属、石油、ゴムで獲得利益を拡大。


金は、昨日の買い直しも成功!

ガソリンは、ここ数カ月の流れを受けて、確実に利益を積み上げ!

ゴムは、月間利益も50円を突破し、

年間獲得利益は、300円幅も間近!


会員の皆様に、大変喜んでいただいております。



ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


相場の情報はこちらをご参考に。


にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

NY市場の上昇を受けて、総じて続伸して始まった。その後はもみ合いとなったが、終盤にかけては円ジリ安やドル建て現物相場の上昇を背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比27円高の4076円、出来高は35694枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、買い優勢で始まった。その後は株高やドル建て現物相場の堅調などを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比28円高の3572円、出来高は7344枚。


[東京ガソリン]

NY原油の続伸を受けて、買い先行で始まった。その後は円ジリ安やNY原油時間外取引の上昇を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比920円高の59510円、出来高は10052枚。


[東京ゴム]

石油や貴金属相場の上昇などを受けて、総じて続伸して始まった。買い一巡後はもみ合いとなったが、午後では円ジリ安や他商品相場の堅調などを背景にサーキットブレ-カーが発動されるなど、軒並み上げ幅を拡大して取引を終了している。

先月は前日比5.5円高の235.0円、出来高は7902枚。


[東京コーン]

シカゴの下落を受けて、売り先行で始まった。その後は下げ幅を縮小する場面も見られたが、午後ではシカゴ時間外取引の軟調などを背景に再び地合いを弱めて取引を終了している。

先限は前日比80円安の28440円、出来高は5440枚。


[東京一般大豆]

シカゴの下落を受けて、軒並み反落して始まった。売り一巡後はシカゴ時間外取引の反発などを背景に、先限がプラスサイドに浮上するなど期先主導で下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日60円高の47900円、出来高は3865枚。

昨日の途転買いも的中!大正解。

月初より好調の金スイング

昨日のシステムからの途転買いサインも正解!

こちらは、超短期売買にて本日一度利食い。


月間獲得利益は、600円幅を超える!

会員の皆様より大変ご好評いただいております。



ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


相場の情報はこちらをご参考に。


にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

NY市場の上昇を受けて、軒並み続伸して始まった。その後はもみ合いで推移したが、午後後半ではドル建て現物相場の上昇を背景に上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比64円高の4049円、出来高は33699枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、軒並み反発して始まった。その後はドル建て現物相場の上値の重さなどを受けて上げ幅を縮小する場面も見られたが、午後に入ると、円安などに支援されて地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比50円高の3544円、出来高は8761枚。


[東京ガソリン]

NY原油の続伸を受けて、反発して始まった。その後はもみ合いで推移したが、終盤にかけてはNY原油時間外取引の上昇を背景に地合いを引き締めて取引を終了している。

1月限は前日比650円高の57550円、新甫2月限は終値58590円、出来高は7685枚。


[東京ゴム]

石油や貴金属相場の上昇などを受けて、軒並み買い先行で始まった。買い一巡後は戻り売り圧力も強く、上げ幅を削った。午前後半にかけてはやや買い戻されたものの、午後では上値も重く、もみ合いで推移して取引を終了している。

12月限は前日比0.4円高の227.4円、新甫1月限は終値229.5円、出来高は5177枚。


[東京コーン]

シカゴは上昇したものの、再開したシカゴ時間外取引の反落を受けて総じて反落して始まった。その後は軟調に推移したが、午後後半では円ジリ安などを背景に複数限月がプラスサイドに浮上して取引を終了している。

先限は前日比80円高の28620円、出来高は6020枚。


[東京一般大豆]

シカゴの反発を受けて、軒並み買い先行で始まった。その後はシカゴ時間外取引の急反落を背景に、当限が暴落するなど軒並み上げ幅を削った。しかし終盤にかけてはシカゴ時間外取引の下げ幅縮小を眺めた押し目買いにより、当限が急反発したことに追随して他の限月も急速に買い戻されて取引を終了している。

先限は前日640円高の47840円、出来高は5714枚。

金、白金、ガソリン、ゴム、とうもろこし、大豆で勝つことの喜びを!

相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。

相場の世界では、常に勝ち続けている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。

当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわれず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。

本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。

当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。

資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。

実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用することをお勧めいたします。

そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。



ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


相場の情報はこちらをご参考に。


にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

NY市場の小幅下落、ドル建て現物相場の上昇や円高など強弱感が交錯して、まちまちで始まった。その後は円高一服やドル建て現物相場の堅調を背景に、地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比10円高の3985円、出来高は27944枚


[東京白金]

円高やNY市場の続落を受けて、売り優勢で始まった。売り一巡後は円高一服やドル建て現物相場の堅調などを背景に下げ幅を縮小したが、午後に入ると、株安などに上値を抑えられて再び地合いを弱めて取引を終了している。

先限は前日比33円安の3494円、出来高は11266枚。


[東京ガソリン]

NY原油は反発したものの、堅調だった前日の国内大引け時点のNY原油時間外取引と比較して下落していることで、売りが先行して始まった。売り一巡後は円高一服やNY原油時間外取引の反発を背景に下げ幅を縮小する場面も見られたが、午後では再びNY原油時間外取引が下落に転じたことを受けて、地合いを弱めて取引を終了している。

先限は前日比450円安の57900円、出来高は7833枚。


[東京ゴム]

前日の夜間取引の堅調地合いを引き継いで、総じて買い先行で始まった。その後は円高一服などを背景に堅調に推移したが、引けにかけては石油相場の下落などを受けて再び地合いを弱めて取引を終了している。

先月限は前日比0.4円高の227.0円、出来高は5612枚。


[東京コーン]

シカゴは小幅まちまちだったもののの、円高や再開したシカゴ時間外取引の続落を受けて、総じて続落して始まった。売り一巡後は円高一服やシカゴ時間外取引の反発を背景に、軒並み地合いを強め、当限を除く5本がプラスサイドに切り返して取引を終了している。

先限は前日比230円高の28540円、出来高は7145枚。


[東京一般大豆]

円高やシカゴの大幅続落を受けて、大幅続落で始まった。その後は下げ幅を拡大する場面も見られたが、シカゴ時間外取引の急反発や円高一服を受けて、一時期先がプラスサイドに回復するなど軒並み地合いを引き締めた。午後では当限が4桁高に張り付いたものの、その他の限月はもみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日210円安の47200円、出来高は10046枚。


先物リンク
プロフィール
●クリックすると、ある銘柄のサインが表示されます●

2016年商品全コース総利益(1枚ベース)
29,164,500円
商品年間総利益(1枚ベース)
2011年 19,468,100円

2012年 22,674,500円

2013年 21,510,700円

2014年  9,592,300円

2015年 18,332,500円

2016年 29,164,500円

*2010年以前のものは公式サイトでご確認ください。
【お問合せ】
下記公式サイトへ
極めるFX
月別アーカイブ
FX



  • ライブドアブログ