En-Richの楽しいとありがとうの商品先物

20年以上の実績と最強のテクニカル分析で、金、白金、原油、ガソリン、ゴム、とうもろこしの商品相場の情報をお届けしていきます。

2012年11月

白金、ゴムが昨年実績上回る!!

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




11月度、総じてプラスで終了!


白金、ゴムのスイングは、昨年度年間成績を上回る!


今年も残すところ1ヵ月。


大納会までの様々なチャンス!

各相場システムの今後のパフォーマンスに注目!!



11月度の銘柄別成績はホームページで。

下記よりお入り下さい。



業界ニュース


日経・東工取指数のレバレッジ・インバース指数を公表

12月3日から東工取HPで、様々な投資戦略へのサポートを

東京工業品取引所は22日、日本経済新聞社と共同で算出している日経・東工取商品指数及び構成銘柄で作る11本の日経・東工取サブ商品指数を基にそれぞれ値動きを対象にした新指数の算出・公表を12月3日に開始すると発表した。

新指数は前日比の変化率が対象指数の2倍となる「レバレッジ指数」と逆の動きになる「インバース指数」で、市場参加者に対し多様な投資戦略や価格リスク回避策の評価指数を提供することを指数算定の主な目的としている。

新指数は2009年(平成21)末の数値を10000として指数化し、日々1回帳入値ベースで算出した上で、公表は東工取のホームページで行う。

新指数公表により日経・東工取商品レバレッジ(またはインバース、以下同)指数、日経・東工取期近限月商品レバレッジ指数、日経・東工取貴金属レバレッジ指数、日経・東工取石油レバレッジ指数、日経・東工取金レバレッジ指数、日経・東工取銀レバレッジ指数、日経・東工取白金レバレッジ指数、日経・東工取パラジウムレバレッジ指数、日経・東工取ガソリンレバレッジ指数、日経・東工取灯油レバレッジ指数、日経・東工取原油レバレッジ指数、日経・東工取ゴムレバレッジ指数が追加される。

例えば日経・東工取商品指数が前日比10%上昇(または下落)した日には、同レバレッジ指数は20%上昇(同)、同インバース指数は10%下落(または上昇)する仕組みとなる。

より大きな値動きを求めてハイリスク・ハイリターン型の投資戦略を指数化したものがレバレッジ指数で、インバース指数は相場と逆向きの収益を追究する投資戦略で、相場の先行きが弱いと判断した際に同指数に連動した運用を行うことで収益を狙ったり相場下落のリスクを回避したりする運用パターンが見込まれる。




関西取の新名称/「大阪堂島商取」/来年2月から/取引活性化めざす

 関西商品取引所は、20日開催した理事会で同取引所の名称を「大阪堂島商品取引所」に変更することを決めた。12月に開く臨時総会で決議し、農林水産省の認可を得たうえで来年2月から使用する。関西取は来年2月に東京穀物商品取引所のコメを引き継ぎ、日本で唯一のコメ先物を上場する取引所になる。名称変更を機に取引活性化につなげたい考え。



詳細は、ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

NY市場の上昇を受けて、反発して始まった。その後は円安やドル建て現物相場の堅調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比41円高の4597円、出来高は46320枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、買い優勢で始まった。その後は円安やドル建て現物相場の堅調に支援されて上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比52円高の4315円、出来高は15257枚


[東京ガソリン]

NY原油の反発を受けて、総じて続伸で始まった。その後は円安やNY原油時間外取引の上昇を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比740円高の68640円、出来高は10264枚。


[東京ゴム]

石油や貴金属相場の上昇を受けて、軒並み続伸して始まった。その後は円安や他商品相場の堅調などを背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比3.7円高の259.3円、出来高は13654枚。


[東京コーン]

シカゴの下落を受けて、総じて反落して始まった。売り一巡後は円安進行を背景にプラスサイドに切り返したが、終盤では手仕舞い売りに押されて再びマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比±0円の25910円、出来高は2174枚。


[東京一般大豆]

まちまちで始まった。その後は再開したシカゴ時間外取引の下落を背景に地合いを緩める場面も見られたが、午後では円安進行に支援されて、暴落した当限を除く5本がプラスサイドに浮上して取引を終了している。

先限は前日比80円高の49380円、出来高は2240枚。



WGC主催のゴールド・アカデミー、29日に開催

年金関係者・機関投資家限定、東工取が協賛

ワールドゴールドカウンシル(WGC)は29日、第1回ゴールドアカデミーを開催する。

近年、金投資が注目を集めている背景を受けて需給動向やポートフォリオ投資による位置づけ及び役割などについて、国内外の専門家が講演するイベントで、参加対象を年金関係者や機関投資家に限定し、事前登録制とした。

当日はWGCのアラム・シシュマニアンCEO、WGC日本の森田隆大代表、首都大学東京の春田正毅名誉教授・特任教授などの講演が予定されている。

会場はマンダリンオリエンタルホテル東京(東京都中央区)で、10時半開始、定員は80人。

今回、東京工業品取引所が同イベントに協賛している。

詳細は案内サイト(http://www.gold-academy.jp/)へ。



調査部会が投資家向けサイト開設

音声ベースで週3回、アナリストが簡潔に市況見通しを

東京商品取引員調査部会は26日、投資家向けの情報提供サイト「調査部会コモディティー・ボイスネット」(http://www.commodityvoice.net)を公開した。

音声情報をベースとしたサイトで、会員企業の市況調査アナリストがその日の売買方針などを1分程度で簡潔にコメントする。更新は毎週月(休日の場合は火)、水、金の3回で、7時半から8時頃に行う。

運営期間はおよそ3年間を見込んでおり、当面のコメンテーターは以下のとおり(敬称略)。

◇エース交易アナリスト 松永英嗣◇同シニアアナリスト 陳晁熙◇岡安商事ファイナンシャルプロジェクト事業部IS本部次長 青山真吾◇岡藤商事主席ストラテジスト 郷右近要◇フジトミチーフアナリスト 齋藤和彦◇同テクニカルストラテジスト 田澤利貴◇フジフューチャーズ投資相談室コモディティアドバイザー 近藤好隆◇同 小泉有史◇同 大木康弘



金上場30周年記念キャンペーン第2弾のお知らせ


以下、東京工業品取引所ホームページより

東京工業品取引所は、金上場30周年を記念し、「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」(金上場30周年記念キャンペーン 第2弾)を実施します。

「みんなのコモディティ」に『ゴールド(金)』にまつわる川柳を募集します。当選された合計5名の方には、素敵な記念品を贈呈します。

皆様からのご応募をお待ち申し上げます。

【キャンペーン】

「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」

(金上場30周年記念キャンペーン第2弾)

【内 容】

「みんコモ」サイト」(日記もしくは専用応募フォーム)に、『ゴールド(金)』にまつわる5・7・5の川柳を応募・掲載された作品について選考を行い、当選者に記念品を贈呈。

【記念品】

当選された5名の方に「金貨」を贈呈。

【大賞】 金貨1/2オンス(1名様)

【入賞】 金貨1/10オンス(4名様)

【対象期間】

2012年11月1日(木)~12月5日(水)

【選 考】

2012年12月中旬

当選者は、「みんなのコモディティ」サイトに掲載いたします。

【参照URL】 http://money.minkabu.jp/35822



金投資をテーマに交流の場

東工取・先物振興協会が後援

金に関わる業者で構成されるゴールドフェスティバル運営事務局は12月2日、一般投資家を対象とする投資イベント「Tokyo Gold Festival 2012」を開催する。

金投資をテーマに一般投資家、アナリスト、調査機関、取引所、取引業者、メディア等の関係者に、同じ目線で対面的に直接交流可能な場を提供するのがねらい。

会場は都内のコクヨホール(港区港南1)で定員は300人程度、参加費は無料としている。

商品先物業界からは東京工業品取引所、日本商品先物振興協会が後援し、このほか東京証券取引所、大阪証券取引所、ワールドゴールドカウンシル、その他関連業者等も後援に名を連ねている。

 イベントでは金に関する講演やクイズ、プレゼント抽選会などが予定されている。詳細及び申込みは専用サイト(http://goldfes.jp/)へ。


東工取、主務省に農産物市場の開設を申請

東京工業品取引所は21日、農水・経産両主務省に「農産物・砂糖市場」の開設を申請した。3カ月の公示期間を経て来年1月中旬頃認可される見通し。取引開始は2月12日を予定している。


ミニ取引の商品設計の変更について-東京工業品取引所

変更内容・・・金ミニ取引及び白金ミニ取引の商品設計について

詳細は、こちらをご覧ください。


農産物市場振興策の実施について=東京穀物商品取引所

1.取引キャンペーンの実施

  抽選で、コメ券、商品券などをプレゼント。

2.投資家及び外務員等を対象とした講演会の開催

3.売買コンクールの実施

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

 

地上波テレビ等での農産物先物情報の提供について=東京穀物商品取引所

リアルタイムの農産物先物価格を表示し、今週の農産物の値動きや海外の相場動向、産地の天候などについて情報提供を行う予定。

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

レバレッジ・インバース指数を公表

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



業界ニュース


日経・東工取指数のレバレッジ・インバース指数を公表

12月3日から東工取HPで、様々な投資戦略へのサポートを

東京工業品取引所は22日、日本経済新聞社と共同で算出している日経・東工取商品指数及び構成銘柄で作る11本の日経・東工取サブ商品指数を基にそれぞれ値動きを対象にした新指数の算出・公表を12月3日に開始すると発表した。

新指数は前日比の変化率が対象指数の2倍となる「レバレッジ指数」と逆の動きになる「インバース指数」で、市場参加者に対し多様な投資戦略や価格リスク回避策の評価指数を提供することを指数算定の主な目的としている。

新指数は2009年(平成21)末の数値を10000として指数化し、日々1回帳入値ベースで算出した上で、公表は東工取のホームページで行う。

新指数公表により日経・東工取商品レバレッジ(またはインバース、以下同)指数、日経・東工取期近限月商品レバレッジ指数、日経・東工取貴金属レバレッジ指数、日経・東工取石油レバレッジ指数、日経・東工取金レバレッジ指数、日経・東工取銀レバレッジ指数、日経・東工取白金レバレッジ指数、日経・東工取パラジウムレバレッジ指数、日経・東工取ガソリンレバレッジ指数、日経・東工取灯油レバレッジ指数、日経・東工取原油レバレッジ指数、日経・東工取ゴムレバレッジ指数が追加される。

例えば日経・東工取商品指数が前日比10%上昇(または下落)した日には、同レバレッジ指数は20%上昇(同)、同インバース指数は10%下落(または上昇)する仕組みとなる。

より大きな値動きを求めてハイリスク・ハイリターン型の投資戦略を指数化したものがレバレッジ指数で、インバース指数は相場と逆向きの収益を追究する投資戦略で、相場の先行きが弱いと判断した際に同指数に連動した運用を行うことで収益を狙ったり相場下落のリスクを回避したりする運用パターンが見込まれる。




関西取の新名称/「大阪堂島商取」/来年2月から/取引活性化めざす

 関西商品取引所は、20日開催した理事会で同取引所の名称を「大阪堂島商品取引所」に変更することを決めた。12月に開く臨時総会で決議し、農林水産省の認可を得たうえで来年2月から使用する。関西取は来年2月に東京穀物商品取引所のコメを引き継ぎ、日本で唯一のコメ先物を上場する取引所になる。名称変更を機に取引活性化につなげたい考え。



詳細は、ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

ドル・円相場が1ドル=82円台前半まで円安に振れているものの、NY市場の急落を受けて続落で始まった。その後は円安一服などを背景に下げ幅を拡大したが、午後ではもみ合いに転じて取引を終了している。

先限は前日比22円安の4556円、出来高は73534枚


[東京白金]

NY市場は小幅下落したものの、円安や株高などを受けて反発して始まった。買い一巡後は円安一服などを背景に上げ幅を縮小し、午後はもみ合いとなって取引を終了している。

先限は前日比25円高の4263円、出来高は16106枚


[東京ガソリン]

NY原油は下落したものの、1ドル=82円台前半まで進んだ円安やNY原油時間外取引の反発などを受けて反発して始まった。買い一巡後は円安一服などを背景に上げ幅を縮小する場面も見られたが、午後ではNY原油時間外取引の上伸を受けて上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比450円高の67900円、出来高は13967枚。


[東京ゴム]

円安や石油相場の反発などを受けて、軒並み反発して始まった。買い一巡後は円安一服などを背景に上げ幅を削る場面も見られたが、午後では石油相場の堅調などを受けて地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比0.1円高の255.6円、出来高は8129枚。


[東京コーン]

円安やシカゴの小幅続伸を受けて、軒並み買い先行で始まった。その後は堅調に推移し、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比160円高の25910円、出来高は1268枚。


[東京一般大豆]

円安やシカゴの下落など強弱感が交錯して、まちまちで始まった。その後は円安一服などを背景に地合いを緩める場面も見られたが、午後では再び円安に振れたことを受けて軒並み地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比310円高の49300円、出来高は822枚。


WGC主催のゴールド・アカデミー、29日に開催

年金関係者・機関投資家限定、東工取が協賛

ワールドゴールドカウンシル(WGC)は29日、第1回ゴールドアカデミーを開催する。

近年、金投資が注目を集めている背景を受けて需給動向やポートフォリオ投資による位置づけ及び役割などについて、国内外の専門家が講演するイベントで、参加対象を年金関係者や機関投資家に限定し、事前登録制とした。

当日はWGCのアラム・シシュマニアンCEO、WGC日本の森田隆大代表、首都大学東京の春田正毅名誉教授・特任教授などの講演が予定されている。

会場はマンダリンオリエンタルホテル東京(東京都中央区)で、10時半開始、定員は80人。

今回、東京工業品取引所が同イベントに協賛している。

詳細は案内サイト(http://www.gold-academy.jp/)へ。



調査部会が投資家向けサイト開設

音声ベースで週3回、アナリストが簡潔に市況見通しを

東京商品取引員調査部会は26日、投資家向けの情報提供サイト「調査部会コモディティー・ボイスネット」(http://www.commodityvoice.net)を公開した。

音声情報をベースとしたサイトで、会員企業の市況調査アナリストがその日の売買方針などを1分程度で簡潔にコメントする。更新は毎週月(休日の場合は火)、水、金の3回で、7時半から8時頃に行う。

運営期間はおよそ3年間を見込んでおり、当面のコメンテーターは以下のとおり(敬称略)。

◇エース交易アナリスト 松永英嗣◇同シニアアナリスト 陳晁熙◇岡安商事ファイナンシャルプロジェクト事業部IS本部次長 青山真吾◇岡藤商事主席ストラテジスト 郷右近要◇フジトミチーフアナリスト 齋藤和彦◇同テクニカルストラテジスト 田澤利貴◇フジフューチャーズ投資相談室コモディティアドバイザー 近藤好隆◇同 小泉有史◇同 大木康弘



金上場30周年記念キャンペーン第2弾のお知らせ


以下、東京工業品取引所ホームページより

東京工業品取引所は、金上場30周年を記念し、「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」(金上場30周年記念キャンペーン 第2弾)を実施します。

「みんなのコモディティ」に『ゴールド(金)』にまつわる川柳を募集します。当選された合計5名の方には、素敵な記念品を贈呈します。

皆様からのご応募をお待ち申し上げます。

【キャンペーン】

「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」

(金上場30周年記念キャンペーン第2弾)

【内 容】

「みんコモ」サイト」(日記もしくは専用応募フォーム)に、『ゴールド(金)』にまつわる5・7・5の川柳を応募・掲載された作品について選考を行い、当選者に記念品を贈呈。

【記念品】

当選された5名の方に「金貨」を贈呈。

【大賞】 金貨1/2オンス(1名様)

【入賞】 金貨1/10オンス(4名様)

【対象期間】

2012年11月1日(木)~12月5日(水)

【選 考】

2012年12月中旬

当選者は、「みんなのコモディティ」サイトに掲載いたします。

【参照URL】 http://money.minkabu.jp/35822



金投資をテーマに交流の場

東工取・先物振興協会が後援

金に関わる業者で構成されるゴールドフェスティバル運営事務局は12月2日、一般投資家を対象とする投資イベント「Tokyo Gold Festival 2012」を開催する。

金投資をテーマに一般投資家、アナリスト、調査機関、取引所、取引業者、メディア等の関係者に、同じ目線で対面的に直接交流可能な場を提供するのがねらい。

会場は都内のコクヨホール(港区港南1)で定員は300人程度、参加費は無料としている。

商品先物業界からは東京工業品取引所、日本商品先物振興協会が後援し、このほか東京証券取引所、大阪証券取引所、ワールドゴールドカウンシル、その他関連業者等も後援に名を連ねている。

 イベントでは金に関する講演やクイズ、プレゼント抽選会などが予定されている。詳細及び申込みは専用サイト(http://goldfes.jp/)へ。


東工取、主務省に農産物市場の開設を申請

東京工業品取引所は21日、農水・経産両主務省に「農産物・砂糖市場」の開設を申請した。3カ月の公示期間を経て来年1月中旬頃認可される見通し。取引開始は2月12日を予定している。


ミニ取引の商品設計の変更について-東京工業品取引所

変更内容・・・金ミニ取引及び白金ミニ取引の商品設計について

詳細は、こちらをご覧ください。


農産物市場振興策の実施について=東京穀物商品取引所

1.取引キャンペーンの実施

  抽選で、コメ券、商品券などをプレゼント。

2.投資家及び外務員等を対象とした講演会の開催

3.売買コンクールの実施

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

 

地上波テレビ等での農産物先物情報の提供について=東京穀物商品取引所

リアルタイムの農産物先物価格を表示し、今週の農産物の値動きや海外の相場動向、産地の天候などについて情報提供を行う予定。

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

大阪堂島商取!!

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



業界ニュース

関西取の新名称/「大阪堂島商取」/来年2月から/取引活性化めざす

 関西商品取引所は、20日開催した理事会で同取引所の名称を「大阪堂島商品取引所」に変更することを決めた。12月に開く臨時総会で決議し、農林水産省の認可を得たうえで来年2月から使用する。関西取は来年2月に東京穀物商品取引所のコメを引き継ぎ、日本で唯一のコメ先物を上場する取引所になる。名称変更を機に取引活性化につなげたい考え。



詳細は、ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

NY市場の下落や円高を受けて、総じて反落して始まった。その後は円高が進んだことや午後のドル建て現物相場の下落を受けて、下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比62円安の4578円、出来高は53459枚


[東京白金]

円高や株安などを受けて、反落して始まった。その後は円高が進んだことやドル建て現物相場の軟調を受けて下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比71円安の4238円、出来高は14731枚


[東京ガソリン]

円高やNY原油の下落を受けて、総じて反落して始まった。売り一巡後は下げ幅を縮小する場面も見られたが、円高進行を受けて再び下げ幅を拡大した。午後は安値圏でのもみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比460円安の67450円、出来高は10106枚。


[東京ゴム]

海外ゴムの下落や円高などを受けて、軒並み続落して始まった。その後は円高進行や上海ゴムの軟調などを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比3.5円安の255.5円、出来高は9275枚。


[東京コーン]

シカゴの大幅上昇を受けて、買い先行で始まった。その後は上げ幅を拡大する場面も見られたが、午後では円高進行に圧迫されて上げ幅を削って取引を終了している。

先限は前日比10円高の25750円、出来高は2134枚。


[東京一般大豆]

シカゴの続伸などを受けて、続伸して始まった。買い一巡後は再開したシカゴ時間外取引の下落や円高進行を背景に、全限月がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比100円安の48990円、出来高は1339枚。



WGC主催のゴールド・アカデミー、29日に開催

年金関係者・機関投資家限定、東工取が協賛

ワールドゴールドカウンシル(WGC)は29日、第1回ゴールドアカデミーを開催する。

近年、金投資が注目を集めている背景を受けて需給動向やポートフォリオ投資による位置づけ及び役割などについて、国内外の専門家が講演するイベントで、参加対象を年金関係者や機関投資家に限定し、事前登録制とした。

当日はWGCのアラム・シシュマニアンCEO、WGC日本の森田隆大代表、首都大学東京の春田正毅名誉教授・特任教授などの講演が予定されている。

会場はマンダリンオリエンタルホテル東京(東京都中央区)で、10時半開始、定員は80人。

今回、東京工業品取引所が同イベントに協賛している。

詳細は案内サイト(http://www.gold-academy.jp/)へ。



調査部会が投資家向けサイト開設

音声ベースで週3回、アナリストが簡潔に市況見通しを

東京商品取引員調査部会は26日、投資家向けの情報提供サイト「調査部会コモディティー・ボイスネット」(http://www.commodityvoice.net)を公開した。

音声情報をベースとしたサイトで、会員企業の市況調査アナリストがその日の売買方針などを1分程度で簡潔にコメントする。更新は毎週月(休日の場合は火)、水、金の3回で、7時半から8時頃に行う。

運営期間はおよそ3年間を見込んでおり、当面のコメンテーターは以下のとおり(敬称略)。

◇エース交易アナリスト 松永英嗣◇同シニアアナリスト 陳晁熙◇岡安商事ファイナンシャルプロジェクト事業部IS本部次長 青山真吾◇岡藤商事主席ストラテジスト 郷右近要◇フジトミチーフアナリスト 齋藤和彦◇同テクニカルストラテジスト 田澤利貴◇フジフューチャーズ投資相談室コモディティアドバイザー 近藤好隆◇同 小泉有史◇同 大木康弘



金上場30周年記念キャンペーン第2弾のお知らせ


以下、東京工業品取引所ホームページより

東京工業品取引所は、金上場30周年を記念し、「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」(金上場30周年記念キャンペーン 第2弾)を実施します。

「みんなのコモディティ」に『ゴールド(金)』にまつわる川柳を募集します。当選された合計5名の方には、素敵な記念品を贈呈します。

皆様からのご応募をお待ち申し上げます。

【キャンペーン】

「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」

(金上場30周年記念キャンペーン第2弾)

【内 容】

「みんコモ」サイト」(日記もしくは専用応募フォーム)に、『ゴールド(金)』にまつわる5・7・5の川柳を応募・掲載された作品について選考を行い、当選者に記念品を贈呈。

【記念品】

当選された5名の方に「金貨」を贈呈。

【大賞】 金貨1/2オンス(1名様)

【入賞】 金貨1/10オンス(4名様)

【対象期間】

2012年11月1日(木)~12月5日(水)

【選 考】

2012年12月中旬

当選者は、「みんなのコモディティ」サイトに掲載いたします。

【参照URL】 http://money.minkabu.jp/35822



金投資をテーマに交流の場

東工取・先物振興協会が後援

金に関わる業者で構成されるゴールドフェスティバル運営事務局は12月2日、一般投資家を対象とする投資イベント「Tokyo Gold Festival 2012」を開催する。

金投資をテーマに一般投資家、アナリスト、調査機関、取引所、取引業者、メディア等の関係者に、同じ目線で対面的に直接交流可能な場を提供するのがねらい。

会場は都内のコクヨホール(港区港南1)で定員は300人程度、参加費は無料としている。

商品先物業界からは東京工業品取引所、日本商品先物振興協会が後援し、このほか東京証券取引所、大阪証券取引所、ワールドゴールドカウンシル、その他関連業者等も後援に名を連ねている。

 イベントでは金に関する講演やクイズ、プレゼント抽選会などが予定されている。詳細及び申込みは専用サイト(http://goldfes.jp/)へ。


東工取、主務省に農産物市場の開設を申請

東京工業品取引所は21日、農水・経産両主務省に「農産物・砂糖市場」の開設を申請した。3カ月の公示期間を経て来年1月中旬頃認可される見通し。取引開始は2月12日を予定している。


ミニ取引の商品設計の変更について-東京工業品取引所

変更内容・・・金ミニ取引及び白金ミニ取引の商品設計について

詳細は、こちらをご覧ください。


農産物市場振興策の実施について=東京穀物商品取引所

1.取引キャンペーンの実施

  抽選で、コメ券、商品券などをプレゼント。

2.投資家及び外務員等を対象とした講演会の開催

3.売買コンクールの実施

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

 

地上波テレビ等での農産物先物情報の提供について=東京穀物商品取引所

リアルタイムの農産物先物価格を表示し、今週の農産物の値動きや海外の相場動向、産地の天候などについて情報提供を行う予定。

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

先物投資に勝つ秘訣!

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。

相場の世界では、常に勝ち続けている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。

当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわれず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。

本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。

当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。

資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。

実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用することをお勧めいたします。

そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。


詳細は、ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

円高やNY市場の下落を受けて、総じて反落して始まった。その後はユーロ高による戻りを売られたが、午後に入ると、安倍総裁の発言をきっかけとした円安を受けてプラスサイドを回復して取引を終了している。

先限は前日比12円高の4640円、出来高は42888枚


[東京白金]

円高やNY市場の下落を受けて、売り優勢で始まった。その後は戻りを売られたが、午後の円安を受けて地合いを引き締め、全限がプラスサイドに回復して取引を終了している。

先限は前日比28円高の4309円、出来高は12198枚


[東京ガソリン]

NY原油の反落や円高を受けて、売り先行で始まった。売り一巡後はNY原油時間外取引の上昇や円安などを背景に、軒並みプラスサイドに切り返して取引を終了している。

先限は前日比330円高の67910円、出来高は10883枚。


[東京ゴム]

前日の夜間取引で軟調に推移した上、円高などを受けて続落して始まった。その後は下げ幅を拡大する場面も見られたが、午後では円安や石油相場の堅調などを背景に下げ幅を縮小して取引を終了している。

4月限は前日比2.7円安の257.2円、新甫5月限は終値259.0円、出来高は7641枚。


[東京コーン]

シカゴの上昇や円高など強弱感が交錯して、まちまちで始まった。その後は再開したシカゴ時間外取引の続伸や円安などを背景に、地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比30円高の25740円、出来高は2922枚。


[東京一般大豆]

シカゴの上昇や円高など強弱感が交錯して、まちまちで始まった。その後は再開したシカゴ時間外取引の続伸や円安などを背景に、地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比450円高の49090円、出来高は2184枚。


業界ニュース

WGC主催のゴールド・アカデミー、29日に開催

年金関係者・機関投資家限定、東工取が協賛

ワールドゴールドカウンシル(WGC)は29日、第1回ゴールドアカデミーを開催する。

近年、金投資が注目を集めている背景を受けて需給動向やポートフォリオ投資による位置づけ及び役割などについて、国内外の専門家が講演するイベントで、参加対象を年金関係者や機関投資家に限定し、事前登録制とした。

当日はWGCのアラム・シシュマニアンCEO、WGC日本の森田隆大代表、首都大学東京の春田正毅名誉教授・特任教授などの講演が予定されている。

会場はマンダリンオリエンタルホテル東京(東京都中央区)で、10時半開始、定員は80人。

今回、東京工業品取引所が同イベントに協賛している。

詳細は案内サイト(http://www.gold-academy.jp/)へ。



調査部会が投資家向けサイト開設

音声ベースで週3回、アナリストが簡潔に市況見通しを

東京商品取引員調査部会は26日、投資家向けの情報提供サイト「調査部会コモディティー・ボイスネット」(http://www.commodityvoice.net)を公開した。

音声情報をベースとしたサイトで、会員企業の市況調査アナリストがその日の売買方針などを1分程度で簡潔にコメントする。更新は毎週月(休日の場合は火)、水、金の3回で、7時半から8時頃に行う。

運営期間はおよそ3年間を見込んでおり、当面のコメンテーターは以下のとおり(敬称略)。

◇エース交易アナリスト 松永英嗣◇同シニアアナリスト 陳晁熙◇岡安商事ファイナンシャルプロジェクト事業部IS本部次長 青山真吾◇岡藤商事主席ストラテジスト 郷右近要◇フジトミチーフアナリスト 齋藤和彦◇同テクニカルストラテジスト 田澤利貴◇フジフューチャーズ投資相談室コモディティアドバイザー 近藤好隆◇同 小泉有史◇同 大木康弘



金上場30周年記念キャンペーン第2弾のお知らせ


以下、東京工業品取引所ホームページより

東京工業品取引所は、金上場30周年を記念し、「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」(金上場30周年記念キャンペーン 第2弾)を実施します。

「みんなのコモディティ」に『ゴールド(金)』にまつわる川柳を募集します。当選された合計5名の方には、素敵な記念品を贈呈します。

皆様からのご応募をお待ち申し上げます。

【キャンペーン】

「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」

(金上場30周年記念キャンペーン第2弾)

【内 容】

「みんコモ」サイト」(日記もしくは専用応募フォーム)に、『ゴールド(金)』にまつわる5・7・5の川柳を応募・掲載された作品について選考を行い、当選者に記念品を贈呈。

【記念品】

当選された5名の方に「金貨」を贈呈。

【大賞】 金貨1/2オンス(1名様)

【入賞】 金貨1/10オンス(4名様)

【対象期間】

2012年11月1日(木)~12月5日(水)

【選 考】

2012年12月中旬

当選者は、「みんなのコモディティ」サイトに掲載いたします。

【参照URL】 http://money.minkabu.jp/35822



金投資をテーマに交流の場

東工取・先物振興協会が後援

金に関わる業者で構成されるゴールドフェスティバル運営事務局は12月2日、一般投資家を対象とする投資イベント「Tokyo Gold Festival 2012」を開催する。

金投資をテーマに一般投資家、アナリスト、調査機関、取引所、取引業者、メディア等の関係者に、同じ目線で対面的に直接交流可能な場を提供するのがねらい。

会場は都内のコクヨホール(港区港南1)で定員は300人程度、参加費は無料としている。

商品先物業界からは東京工業品取引所、日本商品先物振興協会が後援し、このほか東京証券取引所、大阪証券取引所、ワールドゴールドカウンシル、その他関連業者等も後援に名を連ねている。

 イベントでは金に関する講演やクイズ、プレゼント抽選会などが予定されている。詳細及び申込みは専用サイト(http://goldfes.jp/)へ。


東工取、主務省に農産物市場の開設を申請

東京工業品取引所は21日、農水・経産両主務省に「農産物・砂糖市場」の開設を申請した。3カ月の公示期間を経て来年1月中旬頃認可される見通し。取引開始は2月12日を予定している。


ミニ取引の商品設計の変更について-東京工業品取引所

変更内容・・・金ミニ取引及び白金ミニ取引の商品設計について

詳細は、こちらをご覧ください。


農産物市場振興策の実施について=東京穀物商品取引所

1.取引キャンペーンの実施

  抽選で、コメ券、商品券などをプレゼント。

2.投資家及び外務員等を対象とした講演会の開催

3.売買コンクールの実施

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

 

地上波テレビ等での農産物先物情報の提供について=東京穀物商品取引所

リアルタイムの農産物先物価格を表示し、今週の農産物の値動きや海外の相場動向、産地の天候などについて情報提供を行う予定。

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

金・白金スイングシステムも好調!

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



金、白金好調!

連休前のシステム買いサインにて、

本日の急伸分も利益獲得!


そして、今後注目は○○○。



詳細は、ホームページへ


おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?



[東京金]

NY市場の急伸を受けて、軒並み続伸して始まった。買い一巡後は円安一服を背景に地合いを弱め、引けにかけては円高進行に圧迫されて上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比29円高の4628円、出来高は62768枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、軒並み続伸して始まった。買い一巡後は円高進行を背景に、上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比55円高の4281円、出来高は21174枚


[東京ガソリン]

NY原油の上昇を受けて、総じて続伸で始まった。買い一巡後は円高進行やNY原油時間外取引の軟調などを背景に、上げ幅を削って取引を終了している。

5月限は前日比50円高の67640円、新甫6月限は終値67580円、出来高は8581枚。


[東京ゴム]

石油や貴金属相場の上昇を受けて、総じて買い先行で始まった。買い一巡後は円高や上海ゴムの下落などを背景に、当限を除く5本がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比1.9円安の259.9円、出来高は6041枚。


[東京コーン]

シカゴの上昇などを受けて、総じて続伸して始まった。その後は再開したシカゴ時間外取引の堅調を背景に地合いを引き締める場面も見られたが、午後では円高進行を受けて上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比160円高の25710円、出来高は1729枚。


[東京一般大豆]

シカゴの上昇などを受けて、総じて続伸して始まった。その後は円高進行などを背景にマイナスサイドに沈み、午後は軟調に推移して取引を終了している。

先限は前日比130円安の48640円、出来高は1292枚。




業界ニュース

WGC主催のゴールド・アカデミー、29日に開催

年金関係者・機関投資家限定、東工取が協賛

ワールドゴールドカウンシル(WGC)は29日、第1回ゴールドアカデミーを開催する。

近年、金投資が注目を集めている背景を受けて需給動向やポートフォリオ投資による位置づけ及び役割などについて、国内外の専門家が講演するイベントで、参加対象を年金関係者や機関投資家に限定し、事前登録制とした。

当日はWGCのアラム・シシュマニアンCEO、WGC日本の森田隆大代表、首都大学東京の春田正毅名誉教授・特任教授などの講演が予定されている。

会場はマンダリンオリエンタルホテル東京(東京都中央区)で、10時半開始、定員は80人。

今回、東京工業品取引所が同イベントに協賛している。

詳細は案内サイト(http://www.gold-academy.jp/)へ。



調査部会が投資家向けサイト開設

音声ベースで週3回、アナリストが簡潔に市況見通しを

東京商品取引員調査部会は26日、投資家向けの情報提供サイト「調査部会コモディティー・ボイスネット」(http://www.commodityvoice.net)を公開した。

音声情報をベースとしたサイトで、会員企業の市況調査アナリストがその日の売買方針などを1分程度で簡潔にコメントする。更新は毎週月(休日の場合は火)、水、金の3回で、7時半から8時頃に行う。

運営期間はおよそ3年間を見込んでおり、当面のコメンテーターは以下のとおり(敬称略)。

◇エース交易アナリスト 松永英嗣◇同シニアアナリスト 陳晁熙◇岡安商事ファイナンシャルプロジェクト事業部IS本部次長 青山真吾◇岡藤商事主席ストラテジスト 郷右近要◇フジトミチーフアナリスト 齋藤和彦◇同テクニカルストラテジスト 田澤利貴◇フジフューチャーズ投資相談室コモディティアドバイザー 近藤好隆◇同 小泉有史◇同 大木康弘



金上場30周年記念キャンペーン第2弾のお知らせ


以下、東京工業品取引所ホームページより

東京工業品取引所は、金上場30周年を記念し、「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」(金上場30周年記念キャンペーン 第2弾)を実施します。

「みんなのコモディティ」に『ゴールド(金)』にまつわる川柳を募集します。当選された合計5名の方には、素敵な記念品を贈呈します。

皆様からのご応募をお待ち申し上げます。

【キャンペーン】

「ゴールド川柳 ~あなたと金の2012年~」

(金上場30周年記念キャンペーン第2弾)

【内 容】

「みんコモ」サイト」(日記もしくは専用応募フォーム)に、『ゴールド(金)』にまつわる5・7・5の川柳を応募・掲載された作品について選考を行い、当選者に記念品を贈呈。

【記念品】

当選された5名の方に「金貨」を贈呈。

【大賞】 金貨1/2オンス(1名様)

【入賞】 金貨1/10オンス(4名様)

【対象期間】

2012年11月1日(木)~12月5日(水)

【選 考】

2012年12月中旬

当選者は、「みんなのコモディティ」サイトに掲載いたします。

【参照URL】 http://money.minkabu.jp/35822



金投資をテーマに交流の場

東工取・先物振興協会が後援

金に関わる業者で構成されるゴールドフェスティバル運営事務局は12月2日、一般投資家を対象とする投資イベント「Tokyo Gold Festival 2012」を開催する。

金投資をテーマに一般投資家、アナリスト、調査機関、取引所、取引業者、メディア等の関係者に、同じ目線で対面的に直接交流可能な場を提供するのがねらい。

会場は都内のコクヨホール(港区港南1)で定員は300人程度、参加費は無料としている。

商品先物業界からは東京工業品取引所、日本商品先物振興協会が後援し、このほか東京証券取引所、大阪証券取引所、ワールドゴールドカウンシル、その他関連業者等も後援に名を連ねている。

 イベントでは金に関する講演やクイズ、プレゼント抽選会などが予定されている。詳細及び申込みは専用サイト(http://goldfes.jp/)へ。


東工取、主務省に農産物市場の開設を申請

東京工業品取引所は21日、農水・経産両主務省に「農産物・砂糖市場」の開設を申請した。3カ月の公示期間を経て来年1月中旬頃認可される見通し。取引開始は2月12日を予定している。


ミニ取引の商品設計の変更について-東京工業品取引所

変更内容・・・金ミニ取引及び白金ミニ取引の商品設計について

詳細は、こちらをご覧ください。


農産物市場振興策の実施について=東京穀物商品取引所

1.取引キャンペーンの実施

  抽選で、コメ券、商品券などをプレゼント。

2.投資家及び外務員等を対象とした講演会の開催

3.売買コンクールの実施

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)

 

地上波テレビ等での農産物先物情報の提供について=東京穀物商品取引所

リアルタイムの農産物先物価格を表示し、今週の農産物の値動きや海外の相場動向、産地の天候などについて情報提供を行う予定。

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)


先物リンク
プロフィール
●クリックすると、ある銘柄のサインが表示されます●

商品年間総利益(1枚ベース)
2011年 19,468,100円

2012年 22,674,500円

2013年 21,510,700円

2014年  9,592,300円

2015年 18,332,500円

2016年 29,164,500円

2017年 10,274,000円

*2010年以前のものは公式サイトでご確認ください。
【お問合せ】
下記公式サイトへ
極めるFX
月別アーカイブ
FX



  • ライブドアブログ