En-Richの楽しいとありがとうの商品先物

20年以上の実績と最強のテクニカル分析で、金、白金、原油、ガソリン、ゴム、とうもろこしの商品相場の情報をお届けしていきます。

2013年04月

今週中に開催!先物キャンペーン☆

新春先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



今週中に『先物キャンペーン』を開催いたします!



週明けスイングは、

金、白金、ガソリン、ゴムがさらに利益を拡大!


ゴムもあっさり、60円超え!



業界ニュース


経済産業省=2014年度中に現金決済型LNG市場創設へ

将来は現物受渡し型先物市場創設も検討

 電力・ガス会社や商社、証券、銀行など23社が参加した経済産業省のLNG(液化天然ガス)先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。LNG先物は東京商品取引所の新規商品として上場する。政府が、スポット取引の実績を集約して指標を提供することで価格の信頼性を担保し、当面は海外の事業者にも参加を呼びかけつつ、スポット取引実績の収集方法などを検討し、早ければ来年1月にも指標となる価格の公表を始め、実績値の安定性を確かめる。将来的にはシンガポールなどの貯蔵施設の運用開始も視野に、現物受渡し型の先物市場創設も検討していく。

電力システム改革の一助に 

4月2日、2015年から3段階で始まることが決まった電力システムの改革方針を前に、経済産業省のLNG先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。

 今回の取りまとめでは、LNG先物は「LNGの実需をまかなう市場として開設することが重要」とした上で、まずは、現物受渡しを伴わない現金決済市場とし、現物の受渡しにはEFP(Exchange for Physical:市場で決められた価格での市場外相対受渡し。NYMEXなどで活発に利用されている)制度を採用。また海外からの参加を促すためにドル建てを検討する。流動性を重視した標準品、取引単位の設計を図る。そのため、国内のLNG需要家だけでなく、日本同様の輸入国である台湾・韓国にも意見や要望を聞く。またアジアの石油価格形成の拠点となっているシンガポールや、今後輸入が増加すると見られるシェールガスの生産国である米国などとも、共同上場も視野に入れた連携を模索していくなどの案が出されている。このとりまとめは、月内にも開催される産業構造審議会商品先物取引分科会でも議論される見通し。

 2016年に小売自由化、18~20年に発送電を分離すると同時に電気料金も全面自由化する電力制度改革は、「川上の調達・発電部門だけでなく、川下の小売から消費まで全体が対象になる」(茂木敏充経済産業相)もので、電力供給を従来の地域独占から市場競争原理に委ねるという意味で画期的なものだ。

 その大きな国策の中で、世界最大のLNG輸入国である日本の価格指標、リスクヘッジの場の一つとしてLNG先物市場創設の方針が固まったことで、今後、川上の調達・発電部門だけでなく、電力先物など川下の部分も含めた新たな先物市場創設もより現実味を帯びてきた。商品先物取引関係者にとっても、今後の日本で、商品先物取引所がどれだけの役割を果たすことができるのかを示す絶好の機会が与えられることになる。


(LNG先物市場協議会出席者)

 国際石油開発帝石、住友商事、双日、丸紅、三井物産、三菱商事、JX日鉱日石エネルギー、関西電力、中部電力、東京電力、大阪ガス、東京ガス、東邦ガス、岡地、ゴールドマン・サックス証券、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、東京商品取引所、日本商品清算機構、千代田化工建設、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、日本エネルギー経済研究所、野村総合研究所




「Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪/4名古屋」のお知らせ

以下は東京商品取引所より。

東京商品取引所は、個人投資家等を対象とするイベント『Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪、Vol.4名古屋「金×株×為替:スペシャリスト対談」』を後援します。

本イベントは入場料無料(要事前登録)です。皆様、是非ご参加ください。


●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.3

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月12日(日) 14:00~17:00

プリーゼプラザ 小ホール(大阪・梅田)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol3/



●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.4

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月25日(土) 14:00~17:00

栄ガスホール(名古屋・栄)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

金融・貴金属アナリスト 亀井幸一郎氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol4/


 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

円安やNY市場の上昇を受けて、総じて続伸で始まった。その後はドル建て現物相場の堅調を背景に上げ幅を拡大し、午後は高値圏でのもみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比57円高の4567円、出来高は67249枚


[東京白金]

NY市場は小幅下落したものの、1ドル=99円台後半まで進んだ円安を受けて買い優勢で始まった。その後は株高などを背景に上げ幅を拡大する場面も見られたが、午後ではドル建て現物相場の上げ一服を受けて上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比7円高の4616円、出来高は12427枚。


[東京ガソリン]

円安やNY原油の続伸を受けて、軒並み買い先行で始まった。その後はNY原油時間外取引の堅調を背景に上げ幅を拡大したが、午後に入ると、NY原油時間外取引の上げ一服を受けて地合いを弱めて取引を終了している。

先限は前日比830円高の71960円、出来高は7246枚。


[東京ゴム]

前週末の夜間取引で堅調に推移した上、円安や石油相場の上昇などを受けて軒並み続伸して始まった。その後は堅調に推移したが、午後後半では円安一服などを受けて地合いを崩し、期中以降の4本がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比2.3円安の251.0円、出来高は7499枚。


[東京コーン]

円安やシカゴの反発を受けて、軒並み反発して始まった。買い一巡後は再開したシカゴ時間外取引の反落を受けて上げ幅を縮小し、午後はもみ合いに転じて取引を終了している。

先限は前日比150円高の27810円、出来高は1329枚。


[東京一般大豆]

シカゴは反落したものの、1ドル=99円台後半まで進んだ円安を受けて続伸して始まった。買い一巡後は再開したシカゴ時間外取引の大幅続落を受けての軒並み地合いを崩し、当限を除く5本がマイナスサイドに沈んで取引を終了している。

先限は前日比820円安の52330円、出来高は911枚。

ご待望の先物キャンペーン開催!

新春先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル





ついに!!

ガソリンスイング

月間利益幅、20,000円の大台を突破!


そして、

金スイングが、月間1000円を突破!

月間利益幅1000円超えは、2010年以来。

今年は、記録的利益の可能性も!


年初に申し上げましたように、今年一年間は「恩返しの年」でございます。

” 第二弾 ”

ゴールデンウィークへ向けて、皆様ご待望の『先物キャンペーン』を開催いたします。

開催は来週中に!


お見逃しなく!


2013年巳年:ヘビは「金運」や「財運」に恵まれ、恩を忘れず助けてくれた人に「恩返し」を行うと言われています。




業界ニュース


経済産業省=2014年度中に現金決済型LNG市場創設へ

将来は現物受渡し型先物市場創設も検討

 電力・ガス会社や商社、証券、銀行など23社が参加した経済産業省のLNG(液化天然ガス)先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。LNG先物は東京商品取引所の新規商品として上場する。政府が、スポット取引の実績を集約して指標を提供することで価格の信頼性を担保し、当面は海外の事業者にも参加を呼びかけつつ、スポット取引実績の収集方法などを検討し、早ければ来年1月にも指標となる価格の公表を始め、実績値の安定性を確かめる。将来的にはシンガポールなどの貯蔵施設の運用開始も視野に、現物受渡し型の先物市場創設も検討していく。

電力システム改革の一助に 

4月2日、2015年から3段階で始まることが決まった電力システムの改革方針を前に、経済産業省のLNG先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。

 今回の取りまとめでは、LNG先物は「LNGの実需をまかなう市場として開設することが重要」とした上で、まずは、現物受渡しを伴わない現金決済市場とし、現物の受渡しにはEFP(Exchange for Physical:市場で決められた価格での市場外相対受渡し。NYMEXなどで活発に利用されている)制度を採用。また海外からの参加を促すためにドル建てを検討する。流動性を重視した標準品、取引単位の設計を図る。そのため、国内のLNG需要家だけでなく、日本同様の輸入国である台湾・韓国にも意見や要望を聞く。またアジアの石油価格形成の拠点となっているシンガポールや、今後輸入が増加すると見られるシェールガスの生産国である米国などとも、共同上場も視野に入れた連携を模索していくなどの案が出されている。このとりまとめは、月内にも開催される産業構造審議会商品先物取引分科会でも議論される見通し。

 2016年に小売自由化、18~20年に発送電を分離すると同時に電気料金も全面自由化する電力制度改革は、「川上の調達・発電部門だけでなく、川下の小売から消費まで全体が対象になる」(茂木敏充経済産業相)もので、電力供給を従来の地域独占から市場競争原理に委ねるという意味で画期的なものだ。

 その大きな国策の中で、世界最大のLNG輸入国である日本の価格指標、リスクヘッジの場の一つとしてLNG先物市場創設の方針が固まったことで、今後、川上の調達・発電部門だけでなく、電力先物など川下の部分も含めた新たな先物市場創設もより現実味を帯びてきた。商品先物取引関係者にとっても、今後の日本で、商品先物取引所がどれだけの役割を果たすことができるのかを示す絶好の機会が与えられることになる。


(LNG先物市場協議会出席者)

 国際石油開発帝石、住友商事、双日、丸紅、三井物産、三菱商事、JX日鉱日石エネルギー、関西電力、中部電力、東京電力、大阪ガス、東京ガス、東邦ガス、岡地、ゴールドマン・サックス証券、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、東京商品取引所、日本商品清算機構、千代田化工建設、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、日本エネルギー経済研究所、野村総合研究所




「Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪/4名古屋」のお知らせ

以下は東京商品取引所より。

東京商品取引所は、個人投資家等を対象とするイベント『Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪、Vol.4名古屋「金×株×為替:スペシャリスト対談」』を後援します。

本イベントは入場料無料(要事前登録)です。皆様、是非ご参加ください。


●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.3

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月12日(日) 14:00~17:00

プリーゼプラザ 小ホール(大阪・梅田)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol3/



●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.4

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月25日(土) 14:00~17:00

栄ガスホール(名古屋・栄)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

金融・貴金属アナリスト 亀井幸一郎氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol4/


 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

円安やNY市場の上昇を受けて、反発して始まった。その後は円安一服に上値を抑えられる場面も見られたが、ドル建て現物相場の堅調を背景に上げ幅を拡大した。終盤にかけては円ジリ安やドル建て現物相場の上伸を受けて一段高となって取引を終了している。

先限は前日比156円高の4510円、出来高は74870枚


[東京白金]

NY市場の下げ一服や円安を受けて、買い先行で始まった。その後は円安一服に上値を抑えられたが、ドル建て現物相場の堅調などを受けて値を戻し、終盤にかけては金急伸につれ高となって取引を終了している。

先限は前日比101円高の4609円、出来高は13496枚。


[東京ガソリン]

円安やNY原油の上昇を受けて、軒並み反発して始まった。その後はもみ合いで推移したが、午後後半では円安進行を受けて上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比1710円高の71130円、出来高は8256枚。


[東京ゴム]

前日のシンガポールゴム高や石油相場の反発などを受けて、軒並み買い先行で始まった。その後はもみ合いで推移したが、引けにかけては金急騰や石油相場の堅調などを受けて上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比8.1円高の253.3円、出来高は7597枚。


[東京コーン]

シカゴの下落を受けて、反落して始まった。その後は円安進行などを背景に下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比140円安の27660円、出来高は977枚。


[東京一般大豆]

円安やシカゴの上昇などを受けて、反発して始まった。その後は小動きとなったが、午後に入ると、円安進行やシカゴ時間外取引の堅調を受けて上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比460円高の53150円、出来高は1066枚。

デイトレ絶好調!ガソリン爆利!

新春先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル





デイトレも好調!

ガソリンは2月度に引き続き、

月間獲得利益幅は10,000円超え!

年間利益は、すでに30,000円を突破!


1枚ベースの利益は1,500,000円以上。




業界ニュース


経済産業省=2014年度中に現金決済型LNG市場創設へ

将来は現物受渡し型先物市場創設も検討

 電力・ガス会社や商社、証券、銀行など23社が参加した経済産業省のLNG(液化天然ガス)先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。LNG先物は東京商品取引所の新規商品として上場する。政府が、スポット取引の実績を集約して指標を提供することで価格の信頼性を担保し、当面は海外の事業者にも参加を呼びかけつつ、スポット取引実績の収集方法などを検討し、早ければ来年1月にも指標となる価格の公表を始め、実績値の安定性を確かめる。将来的にはシンガポールなどの貯蔵施設の運用開始も視野に、現物受渡し型の先物市場創設も検討していく。

電力システム改革の一助に 

4月2日、2015年から3段階で始まることが決まった電力システムの改革方針を前に、経済産業省のLNG先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。

 今回の取りまとめでは、LNG先物は「LNGの実需をまかなう市場として開設することが重要」とした上で、まずは、現物受渡しを伴わない現金決済市場とし、現物の受渡しにはEFP(Exchange for Physical:市場で決められた価格での市場外相対受渡し。NYMEXなどで活発に利用されている)制度を採用。また海外からの参加を促すためにドル建てを検討する。流動性を重視した標準品、取引単位の設計を図る。そのため、国内のLNG需要家だけでなく、日本同様の輸入国である台湾・韓国にも意見や要望を聞く。またアジアの石油価格形成の拠点となっているシンガポールや、今後輸入が増加すると見られるシェールガスの生産国である米国などとも、共同上場も視野に入れた連携を模索していくなどの案が出されている。このとりまとめは、月内にも開催される産業構造審議会商品先物取引分科会でも議論される見通し。

 2016年に小売自由化、18~20年に発送電を分離すると同時に電気料金も全面自由化する電力制度改革は、「川上の調達・発電部門だけでなく、川下の小売から消費まで全体が対象になる」(茂木敏充経済産業相)もので、電力供給を従来の地域独占から市場競争原理に委ねるという意味で画期的なものだ。

 その大きな国策の中で、世界最大のLNG輸入国である日本の価格指標、リスクヘッジの場の一つとしてLNG先物市場創設の方針が固まったことで、今後、川上の調達・発電部門だけでなく、電力先物など川下の部分も含めた新たな先物市場創設もより現実味を帯びてきた。商品先物取引関係者にとっても、今後の日本で、商品先物取引所がどれだけの役割を果たすことができるのかを示す絶好の機会が与えられることになる。


(LNG先物市場協議会出席者)

 国際石油開発帝石、住友商事、双日、丸紅、三井物産、三菱商事、JX日鉱日石エネルギー、関西電力、中部電力、東京電力、大阪ガス、東京ガス、東邦ガス、岡地、ゴールドマン・サックス証券、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、東京商品取引所、日本商品清算機構、千代田化工建設、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、日本エネルギー経済研究所、野村総合研究所




「Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪/4名古屋」のお知らせ

以下は東京商品取引所より。

東京商品取引所は、個人投資家等を対象とするイベント『Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪、Vol.4名古屋「金×株×為替:スペシャリスト対談」』を後援します。

本イベントは入場料無料(要事前登録)です。皆様、是非ご参加ください。


●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.3

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月12日(日) 14:00~17:00

プリーゼプラザ 小ホール(大阪・梅田)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol3/



●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.4

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月25日(土) 14:00~17:00

栄ガスホール(名古屋・栄)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

金融・貴金属アナリスト 亀井幸一郎氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol4/


 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

円高やNY市場の下落を受けて、総じて反落して始まった。その後はドル建て現物相場の急落などを受けて下げ幅を拡大したが、売り一巡後はリスク回避が一服して、一時プラスサイドに転じるなど軒並み値を戻して取引を終了している。

先限は前日比9円安の4354円、出来高は83877枚


[東京白金]

NY市場の下落や円高を受けて、総じて反落して始まった。その後はドル建て現物相場の下落などを受けて下げ幅を拡大したが、午後に入ると、リスク回避一服を背景に値を戻して取引を終了している。

先限は前日比85円安の4508円、出来高は19023枚。


[東京ガソリン]

円高やNY原油の急反落を受けて、軒並み大幅下落で始まった。その後は円高進行などを背景に下げ幅を拡大する場面も見られたが、午後ではNY原油時間外取引の上昇を受けて下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比1430円安の69420円、出来高は11187枚。


[東京ゴム]

前日のシンガポールゴムの下落や円高、石油相場の急反落などを受けて、軒並み大幅続落して始まった。その後は円高進行や上海ゴムの下落を背景に下げ幅を拡大したが、午後では石油相場の反発などを受けて下げ幅を縮小した。しかし引けにかけては再び地合いを弱めて取引を終了している。

先限は前日比7.2円安の245.2円、出来高は9124枚。


[東京コーン]

まちまちで始まった。その後は円高進行を背景に地合いを弱める場面も見られたが、午後では円高一服を受けて堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比120円高の27800円、出来高は1041枚。


[東京一般大豆]

まちまちで始まった。その後は期近主導で反発したシカゴ夜間取引を背景に一時当限が急騰する場面も見られたが、その他の限月は反応薄く、終始もみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比160円安の52690円、出来高は1564枚。

ゴム、とうもろこし、大豆も大幅利益獲得中!

新春先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




金、ガソリンに追随して、

スイング銘柄、月間獲得利益合計幅は、

ゴムが50円超え!

とうもろこしは4000円突破!

一般大豆は8000円超え!!



今週末からゴールデンウィーク前までに、

いま一度面白い展開も!!



業界ニュース


経済産業省=2014年度中に現金決済型LNG市場創設へ

将来は現物受渡し型先物市場創設も検討

 電力・ガス会社や商社、証券、銀行など23社が参加した経済産業省のLNG(液化天然ガス)先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。LNG先物は東京商品取引所の新規商品として上場する。政府が、スポット取引の実績を集約して指標を提供することで価格の信頼性を担保し、当面は海外の事業者にも参加を呼びかけつつ、スポット取引実績の収集方法などを検討し、早ければ来年1月にも指標となる価格の公表を始め、実績値の安定性を確かめる。将来的にはシンガポールなどの貯蔵施設の運用開始も視野に、現物受渡し型の先物市場創設も検討していく。

電力システム改革の一助に 

4月2日、2015年から3段階で始まることが決まった電力システムの改革方針を前に、経済産業省のLNG先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。

 今回の取りまとめでは、LNG先物は「LNGの実需をまかなう市場として開設することが重要」とした上で、まずは、現物受渡しを伴わない現金決済市場とし、現物の受渡しにはEFP(Exchange for Physical:市場で決められた価格での市場外相対受渡し。NYMEXなどで活発に利用されている)制度を採用。また海外からの参加を促すためにドル建てを検討する。流動性を重視した標準品、取引単位の設計を図る。そのため、国内のLNG需要家だけでなく、日本同様の輸入国である台湾・韓国にも意見や要望を聞く。またアジアの石油価格形成の拠点となっているシンガポールや、今後輸入が増加すると見られるシェールガスの生産国である米国などとも、共同上場も視野に入れた連携を模索していくなどの案が出されている。このとりまとめは、月内にも開催される産業構造審議会商品先物取引分科会でも議論される見通し。

 2016年に小売自由化、18~20年に発送電を分離すると同時に電気料金も全面自由化する電力制度改革は、「川上の調達・発電部門だけでなく、川下の小売から消費まで全体が対象になる」(茂木敏充経済産業相)もので、電力供給を従来の地域独占から市場競争原理に委ねるという意味で画期的なものだ。

 その大きな国策の中で、世界最大のLNG輸入国である日本の価格指標、リスクヘッジの場の一つとしてLNG先物市場創設の方針が固まったことで、今後、川上の調達・発電部門だけでなく、電力先物など川下の部分も含めた新たな先物市場創設もより現実味を帯びてきた。商品先物取引関係者にとっても、今後の日本で、商品先物取引所がどれだけの役割を果たすことができるのかを示す絶好の機会が与えられることになる。


(LNG先物市場協議会出席者)

 国際石油開発帝石、住友商事、双日、丸紅、三井物産、三菱商事、JX日鉱日石エネルギー、関西電力、中部電力、東京電力、大阪ガス、東京ガス、東邦ガス、岡地、ゴールドマン・サックス証券、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、東京商品取引所、日本商品清算機構、千代田化工建設、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、日本エネルギー経済研究所、野村総合研究所




「Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪/4名古屋」のお知らせ

以下は東京商品取引所より。

東京商品取引所は、個人投資家等を対象とするイベント『Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪、Vol.4名古屋「金×株×為替:スペシャリスト対談」』を後援します。

本イベントは入場料無料(要事前登録)です。皆様、是非ご参加ください。


●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.3

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月12日(日) 14:00~17:00

プリーゼプラザ 小ホール(大阪・梅田)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol3/



●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.4

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月25日(土) 14:00~17:00

栄ガスホール(名古屋・栄)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

金融・貴金属アナリスト 亀井幸一郎氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol4/


 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

NY市場は反発したものの、ドル建て現物相場の戻り一服を受けて売り優勢で始まった。その後は円相場が1ドル=98円台前半まで円安に進んだことに支援されて、プラスサイドに浮上して堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比28円高の4363円、出来高は104218枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、買い先行で始まった。その後は円安進行を背景に上げ幅を拡大し、午後はもみ合いとなって取引を終了している。

先限は前日比40円高の4593円、出来高は21526枚。


[東京ガソリン]

NY原油の下げ一服やNY原油時間外取引の上昇を受けて、総じて買い優勢で始まった。その後は1ドル=98円台前半まで進んだ円安に支援されて、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比580円高の70850円、出来高は9918枚。


[東京ゴム]

前日の夜間取引で大幅上昇した上、シンガポールゴムの上昇などを受けて反発して始まった。その後は円安進行を背景に堅調に推移する場面も見られたが、戻り売り圧力も強く、地合いを崩してマイナスサイドに沈んだ。午後では上海ゴムの軟化を受けて一段安となって取引を終了している。

先限は前日比4.9円安の252.4円、出来高は8619枚。


[東京コーン]

シカゴの反発を受けて、軒並み買い先行で始まった。その後は円安やシカゴ時間外取引の堅調を背景に、上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比480円高の27680円、出来高は1531枚。


[東京一般大豆]

シカゴの反発を受けて、軒並み買い優勢で始まった。その後は円安進行などを背景に期近中心に上げ幅を拡大した。しかし午後ではシカゴ時間外取引の上げ一服を受けて期先中心に上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比550円高の52850円、出来高は1265枚。

記録的利益!金、ガソリン、その他・・・

新春先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




続急落!!

貴金属、石油、ゴム、穀物


月間獲得利益合計幅は、

金が1000円突破も目前に!

ガソリンは、20,000円の大台突破も目前!


その他の銘柄も好調継続中!

今後も各相場いろいろあります!!

まだの方は、お早めに。



業界ニュース


経済産業省=2014年度中に現金決済型LNG市場創設へ

将来は現物受渡し型先物市場創設も検討

 電力・ガス会社や商社、証券、銀行など23社が参加した経済産業省のLNG(液化天然ガス)先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。LNG先物は東京商品取引所の新規商品として上場する。政府が、スポット取引の実績を集約して指標を提供することで価格の信頼性を担保し、当面は海外の事業者にも参加を呼びかけつつ、スポット取引実績の収集方法などを検討し、早ければ来年1月にも指標となる価格の公表を始め、実績値の安定性を確かめる。将来的にはシンガポールなどの貯蔵施設の運用開始も視野に、現物受渡し型の先物市場創設も検討していく。

電力システム改革の一助に 

4月2日、2015年から3段階で始まることが決まった電力システムの改革方針を前に、経済産業省のLNG先物市場協議会は3月29日、2014年度中をめどに、現金決済型のLNG先物市場を創設する方針で合意した。

 今回の取りまとめでは、LNG先物は「LNGの実需をまかなう市場として開設することが重要」とした上で、まずは、現物受渡しを伴わない現金決済市場とし、現物の受渡しにはEFP(Exchange for Physical:市場で決められた価格での市場外相対受渡し。NYMEXなどで活発に利用されている)制度を採用。また海外からの参加を促すためにドル建てを検討する。流動性を重視した標準品、取引単位の設計を図る。そのため、国内のLNG需要家だけでなく、日本同様の輸入国である台湾・韓国にも意見や要望を聞く。またアジアの石油価格形成の拠点となっているシンガポールや、今後輸入が増加すると見られるシェールガスの生産国である米国などとも、共同上場も視野に入れた連携を模索していくなどの案が出されている。このとりまとめは、月内にも開催される産業構造審議会商品先物取引分科会でも議論される見通し。

 2016年に小売自由化、18~20年に発送電を分離すると同時に電気料金も全面自由化する電力制度改革は、「川上の調達・発電部門だけでなく、川下の小売から消費まで全体が対象になる」(茂木敏充経済産業相)もので、電力供給を従来の地域独占から市場競争原理に委ねるという意味で画期的なものだ。

 その大きな国策の中で、世界最大のLNG輸入国である日本の価格指標、リスクヘッジの場の一つとしてLNG先物市場創設の方針が固まったことで、今後、川上の調達・発電部門だけでなく、電力先物など川下の部分も含めた新たな先物市場創設もより現実味を帯びてきた。商品先物取引関係者にとっても、今後の日本で、商品先物取引所がどれだけの役割を果たすことができるのかを示す絶好の機会が与えられることになる。


(LNG先物市場協議会出席者)

 国際石油開発帝石、住友商事、双日、丸紅、三井物産、三菱商事、JX日鉱日石エネルギー、関西電力、中部電力、東京電力、大阪ガス、東京ガス、東邦ガス、岡地、ゴールドマン・サックス証券、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、東京商品取引所、日本商品清算機構、千代田化工建設、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、日本エネルギー経済研究所、野村総合研究所




「Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪/4名古屋」のお知らせ

以下は東京商品取引所より。

東京商品取引所は、個人投資家等を対象とするイベント『Tokyo Gold Festival スピンオフ Vol.3大阪、Vol.4名古屋「金×株×為替:スペシャリスト対談」』を後援します。

本イベントは入場料無料(要事前登録)です。皆様、是非ご参加ください。


●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.3

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月12日(日) 14:00~17:00

プリーゼプラザ 小ホール(大阪・梅田)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol3/



●Tokyo Gold Festival 2012スピンオフ Vol.4

「金×株×為替:スペシャリスト対談」

2013年5月25日(土) 14:00~17:00

栄ガスホール(名古屋・栄)

定員130名

無料(要事前登録)

講演者:

金融・貴金属アナリスト 亀井幸一郎氏

マーケットアナライズ制作代表 岡崎良介氏

豊商事 シニアFXストラテジスト 大倉孝氏

主催:

ゴールドフェスティバル運営事務局

協賛:

豊商事株式会社

後援:

東京商品取引所、東京金融取引所

参照ページ:

http://goldfes.jp/spinoff_vol4/


 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

ドル・円相場が1ドル=96円台半ばまで大幅に円高に振れた上、NY市場の急落を受けて軒並み大幅続落して始まった。その後はドル建て現物相場の軟調を背景に下げ幅を拡大する場面も見られたが、午後ではNY時間外取引の下げ一服や円相場の反落を受けて下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比255円安の4335円、出来高は189593枚


[東京白金]

NY市場の急落や1ドル=96円台半ばまで進んだ円高を受けて、軒並み大幅続落で始まった。売り一巡後は円反落やドル建て現物相場の下げ一服を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比96円安の4553円、出来高は47582枚。


[東京ガソリン]

ドル・円相場が1ドル=96円台半ばまで大幅に円高に振れた上、NY原油の急落を受けて軒並み大幅続落して始まった。その後はNY原油時間外取引の続落を背景に下げ幅を拡大したが、午後に入ると、円相場の反落やNY原油時間外取引の下げ一服を受けて下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比1700円安の70270円、出来高は23192枚。


[東京ゴム]

石油や貴金属相場の急落などを受けて、軒並み大幅続落して始まった。その後は上海ゴムの下げ一服や円安を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比1.7円安の257.3円、出来高は12706枚。


[東京コーン]

円高やシカゴの急反落を受けて、軒並み大幅続落して始まった。その後は円安やシカゴ時間外取引の反発などを背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。

3月限は前日比210円安の27070円、新甫5月限は終値27200円、出来高は5200枚。


[東京一般大豆]

ドル・円相場が1ドル=96円台半ばまで大幅に円高に振れた上、シカゴの反落を受けて軒並み大幅安で始まった。その後はシカゴ時間外取引の反発や円安を背景に、10月限がプラスサイドに回復し、その他の限月は下げ幅を縮小して取引を終了している。

2月限は前日比860円安の51990円、新甫4月限は終値52300円、出来高は4067枚。


先物リンク
月別アーカイブ
プロフィール
●クリックすると、ある銘柄のサインが表示されます●

商品年間総利益(1枚ベース)
2011年 19,468,100円

2012年 22,674,500円

2013年 21,510,700円

2014年  9,592,300円

2015年 18,332,500円

2016年 29,164,500円

2017年 10,274,000円

2018年 22,476,500円

*2010年以前のものは公式サイトでご確認ください。
【お問合せ】
下記公式サイトへ
極めるFX
月別アーカイブ
FX



  • ライブドアブログ