En-Richの楽しいとありがとうの商品先物

20年以上の実績と最強のテクニカル分析で、金、白金、原油、ガソリン、ゴム、とうもろこしの商品相場の情報をお届けしていきます。

2014年01月

先物チャンスあり!来週金曜日まで。

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル





チャンスは、来週金曜日まで!!


ご参加まだの方はお早めに。



2014年第一弾!

午年・2014先物キャンペーン』を開催させていただきます。

午年。うまは人との付き合いが古く、昔から人の役に立ってきました。

「物事が”うま”くいく」「幸運が駆け込んでくる」などといわれるとても縁起のいい動物でもあります。

平成26年度は、今年の干支のように皆様のお役に立てるよう最善を尽くす所存です。

そして、皆様に幸運が訪れることを心から願っております。


2014年度はシステムによる高パフォーマンスにもご期待下さい!!

詳細は、今すぐ下記ホームページで。




業界ニュース


日商協ゼミ、2月に4回開催( 日本商品先物取引協会 )

各回とも定員60人、参加費は1講座3,000円

日本商品先物取引協会は20日、日商協ゼミナールの今年度第2期における開催日程を発表した。それによると開催は2月7日、14日、21日、27日の4回で、時間はいずれも17時から18時半まで。

会場は商品先物取引業者である日本ユニコムが本社事務所(日本橋蛎殻町1)の7階会議室を提供する。定員は各回とも60人で対象は会員役職員及び一般投資家とする。

参加費は1講座1人あたり3,000円(税込)で、申込みは2月3日までに事務局をつとめる市場経済研究所(TEL:03-3664-2161)へ。

なお、各回の講師及び演題は下記のとおり。

第1回(7日)

・演題=「最新判例にみる金融商品トラブルの現状と対応策」、講師=明治大法科大学院・河内隆史教授

第2回(14日)

・演題=「2014年の金・プラチナ市場動向をよむ」、講師=スタンダードバンク東京支店・池水雄一支店長

第3回(21日)

・演題=「2014年の世界経済とマーケットをよむ」、講師=BNPパリバ証券投資調査本部・中空麻奈本部長

第4回(27日)

・演題=「石油中心にみる国際商品市況」、講師=伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリー・伊藤敏憲代表




「Tokyo Gold Festival 2014」のお知らせ

政治学者であり元厚生労働大臣の舛添要一氏による基調講演をはじめ、金のスペシャリストによる講演やプレゼント抽選会など金に関心を示す個人投資家等にとって非常に魅力的なコンテンツが用意されています。

イベント名

Tokyo Gold Festival 2014

日時

2014年2月11日(火・祝)12:00~18:00

場所

THE GRAND HALL(品川)

参加費

無料(事前申込制)

定員 480名

講演者(予定)

政治学者、元厚生労働大臣 舛添要一氏

ワールド ゴールド カウンシル駐日代表 森田隆大氏

豊島逸夫事務所代表 豊島逸夫氏

マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表 亀井幸一郎氏

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏 

生活経済ジャーナリスト いちのせかつみ氏 等

主催

ゴールドフェスタ運営事務局

特別後援

ワールドゴールドカウンシル

後援

東京商品取引所、日本商品先物振興協会、東京証券取引所、CMEグループ

参照ページ

http://goldfes.jp/ :title=http://goldfes.jp/




 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ




[東京金]

NY市場の下落を受けて、総じて続落で始まった。その後は円安一服を背景に下げ幅を拡大し、午後では円高を受けて軟調に推移して取引を終了している。

先限は前日比26円安の4145円、出来高は24397枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、総じて買い優勢で始まった。買い一巡後は円安一服を背景に地合いを緩めてマイナスサイドに沈んだ。午後に入ると、リスク回避の動きを受けて下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比55円安の4885円、出来高は21060枚。


[東京ガソリン]

円安とNY原油の上昇を受けて、続伸して始まった。その後は上げ幅を拡大する場面も見られたが、円安一服やNY原油時間外取引の軟調を受けて上げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比420円高の81990円、出来高は5889枚。


[東京ゴム]

円安や石油相場の続伸などを受けて、総じて反発して始まった。その後は上海ゴムの上昇を背景に上げ幅を拡大する場面も見られたが、午前後半にかけては円安一服や上海ゴムの急反落を受けて軒並みマイナスサイドに沈んだ。午後では安値より買い戻される場面も見られたが、戻りは鈍く、もみ合いとなって取引を終了している。

先限は前日比0.8円安の247.5円、出来高は8081枚。


[東京コーン]

円安やシカゴの小幅上昇を受けて、総じて買い優勢で始まった。その後は閑散商いのなか、堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比30円高の26130円、出来高は174枚。


[東京一般大豆]

まちまちで始まった。その後は閑散とした気迷い商いのなか、円安一服やシカゴ時間外取引の上昇といった強弱感が交錯して、各限月まちまちとなって取引を終了している。

先限は前日比30円高の55480円、出来高は71枚。

午年・2014☆先物キャンペーン開催中!

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



2014年第一弾!

午年・2014先物キャンペーン』を開催させていただきます。

午年。うまは人との付き合いが古く、昔から人の役に立ってきました。

「物事が”うま”くいく」「幸運が駆け込んでくる」などといわれるとても縁起のいい動物でもあります。

平成26年度は、今年の干支のように皆様のお役に立てるよう最善を尽くす所存です。

そして、皆様に幸運が訪れることを心から願っております。


2014年度はシステムによる高パフォーマンスにもご期待下さい!!

詳細は、今すぐ下記ホームページで。




業界ニュース


日商協ゼミ、2月に4回開催( 日本商品先物取引協会 )

各回とも定員60人、参加費は1講座3,000円

日本商品先物取引協会は20日、日商協ゼミナールの今年度第2期における開催日程を発表した。それによると開催は2月7日、14日、21日、27日の4回で、時間はいずれも17時から18時半まで。

会場は商品先物取引業者である日本ユニコムが本社事務所(日本橋蛎殻町1)の7階会議室を提供する。定員は各回とも60人で対象は会員役職員及び一般投資家とする。

参加費は1講座1人あたり3,000円(税込)で、申込みは2月3日までに事務局をつとめる市場経済研究所(TEL:03-3664-2161)へ。

なお、各回の講師及び演題は下記のとおり。

第1回(7日)

・演題=「最新判例にみる金融商品トラブルの現状と対応策」、講師=明治大法科大学院・河内隆史教授

第2回(14日)

・演題=「2014年の金・プラチナ市場動向をよむ」、講師=スタンダードバンク東京支店・池水雄一支店長

第3回(21日)

・演題=「2014年の世界経済とマーケットをよむ」、講師=BNPパリバ証券投資調査本部・中空麻奈本部長

第4回(27日)

・演題=「石油中心にみる国際商品市況」、講師=伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリー・伊藤敏憲代表




「Tokyo Gold Festival 2014」のお知らせ

政治学者であり元厚生労働大臣の舛添要一氏による基調講演をはじめ、金のスペシャリストによる講演やプレゼント抽選会など金に関心を示す個人投資家等にとって非常に魅力的なコンテンツが用意されています。

イベント名

Tokyo Gold Festival 2014

日時

2014年2月11日(火・祝)12:00~18:00

場所

THE GRAND HALL(品川)

参加費

無料(事前申込制)

定員 480名

講演者(予定)

政治学者、元厚生労働大臣 舛添要一氏

ワールド ゴールド カウンシル駐日代表 森田隆大氏

豊島逸夫事務所代表 豊島逸夫氏

マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表 亀井幸一郎氏

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏 

生活経済ジャーナリスト いちのせかつみ氏 等

主催

ゴールドフェスタ運営事務局

特別後援

ワールドゴールドカウンシル

後援

東京商品取引所、日本商品先物振興協会、東京証券取引所、CMEグループ

参照ページ

http://goldfes.jp/ :title=http://goldfes.jp/




 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ




[東京金]

ドル建て現物相場の上げ一服などを受けて、総じて売り優勢で始まった。その後は円安に支援されてプラスサイドに浮上したが、終盤にかけては円安一服を受けて上げ幅を削って取引を終了している。

先限は前日比±0円の4213円、出来高は16537枚


[東京白金]

南アのスト懸念を受けて買い優勢で始まった。その後は円安なども支援要因となって堅調に推移し、引けにかけて上げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比38円高の4980円、出来高は15471枚。


[東京ガソリン]

中東産原油の反発などを受けて、総じて続伸して始まった。その後は3月限を除く5本が円安などを背景に、堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比190円高の81180円、出来高は3764枚。


[東京ゴム]

円安や石油相場の続伸などを受けて、総じて買い先行で始まった。買い一巡後は上海ゴムの反落を受けて、複数限月がマイナスサイドに沈んだ。午後はもみ合いに転じたが、終盤にかけては期先を中心に急速に地合いを緩めて取引を終了している。

先限は前日比2.6円安の250.0円、出来高は5139枚。


[東京コーン]

円安などを受けて、総じて買い優勢で始まった。その後は期近は堅調となったが、期先3本はもみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比±0円の26030円、出来高は192枚。


[東京一般大豆]

まちまちで始まった。その後は再開したシカゴ時間外取引の反落や円安といった強弱感が交錯して、各限月まちまちとなって取引を終了している。

先限は前日比190円高の55820円、出来高は300枚。

まだの方はお早めに!先物チャンス!!

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル


午年2014!先物キャンペーン開催中。

早々のご参加皆様ありがとうございます。


来週、再来週と各銘柄チャンスも!!

注目は、○○○。


ご参加まだの方はお早めに!


2014年第一弾!

午年・2014先物キャンペーン』を開催させていただきます。

午年。うまは人との付き合いが古く、昔から人の役に立ってきました。

「物事が”うま”くいく」「幸運が駆け込んでくる」などといわれるとても縁起のいい動物でもあります。

平成26年度は、今年の干支のように皆様のお役に立てるよう最善を尽くす所存です。

そして、皆様に幸運が訪れることを心から願っております。


2014年度はシステムによる高パフォーマンスにもご期待下さい!!

詳細は、今すぐ下記ホームページで。




業界ニュース


「Tokyo Gold Festival 2014」のお知らせ

政治学者であり元厚生労働大臣の舛添要一氏による基調講演をはじめ、金のスペシャリストによる講演やプレゼント抽選会など金に関心を示す個人投資家等にとって非常に魅力的なコンテンツが用意されています。

イベント名

Tokyo Gold Festival 2014

日時

2014年2月11日(火・祝)12:00~18:00

場所

THE GRAND HALL(品川)

参加費

無料(事前申込制)

定員 480名

講演者(予定)

政治学者、元厚生労働大臣 舛添要一氏

ワールド ゴールド カウンシル駐日代表 森田隆大氏

豊島逸夫事務所代表 豊島逸夫氏

マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表 亀井幸一郎氏

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏 

生活経済ジャーナリスト いちのせかつみ氏 等

主催

ゴールドフェスタ運営事務局

特別後援

ワールドゴールドカウンシル

後援

東京商品取引所、日本商品先物振興協会、東京証券取引所、CMEグループ

参照ページ

http://goldfes.jp/ :title=http://goldfes.jp/






 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ




[東京金]

NY市場は小幅上昇したものの、円高を受けて総じて反落して始まった。その後はドル建て現物相場の堅調を背景に、下げ幅を縮小して取引を終了している。

先限は前日比9円安の4179円、出来高は18065枚


[東京白金]

NY市場は小幅上昇したものの、円高を受けて総じて売りが先行して始まった。その後はドル建て現物相場の堅調や円高一服などを背景に、プラスサイドに回復して取引を終了している。

先限は前日比8円高の4871円、出来高は11933枚。


[東京ガソリン]

円高とNY原油の下落を受けて、反落して始まった。その後はNY原油時間外取引の軟調などを背景に、下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比690円安の80770円、出来高は5981枚。


[東京ゴム]

円高や石油相場の下落などを受けて、軒並み反落して始まった。その後は上海ゴムの軟化を背景に下げ幅を拡大した。午後では円高一服などを受けて下げ幅を縮小する場面も見られたが、終盤にかけては再び地合いを緩めて取引を終了している。

先限は前日比3.1円安の253.5円、出来高は5371枚。


[東京コーン]

シカゴの反発を受けて、総じて買い優勢で始まった。その後は閑散商いで様子見ムードが広がり、もみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比30円高の26160円、出来高は234枚。


[東京一般大豆]

円高やシカゴの小反落を受けて、総じて売り先行で始まった。その後は円高や再開したシカゴ時間外取引の上昇など強弱感が交錯して、各限月まちまちで取引を終了している。

先限は前日比40円高の55550円、出来高は207枚。

先物キャンペーン大盛況。スイング、ガソリン、ゴムは大きく利益を獲

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




スイング複数銘柄が一旦利食い。

ガソリン、ゴムは大きく利益を獲得。


連休明け早々、キャンペーンも盛り上がっております。

今後のチャンス!

まだの方はお早めに。



2014年第一弾!

午年・2014先物キャンペーン』を開催させていただきます。

午年。うまは人との付き合いが古く、昔から人の役に立ってきました。

「物事が”うま”くいく」「幸運が駆け込んでくる」などといわれるとても縁起のいい動物でもあります。

平成26年度は、今年の干支のように皆様のお役に立てるよう最善を尽くす所存です。

そして、皆様に幸運が訪れることを心から願っております。


2014年度はシステムによる高パフォーマンスにもご期待下さい!!

詳細は、今すぐ下記ホームページで。




業界ニュース


2013年総括、商品先物業界10大ニュース

第1位  東穀取が解散、60年の歴史に幕(2月28日)

第2位  東工取→東商取、関西取→堂島取に名称変更(2月12日)

第3位  東商取次期取引システム、JPX相乗りを再度検討へ(12月13日)

第4位  堂島取コメ先物、農水省が試験上場延長を認可(8月7日)

第5位  商先規制、「アベノミクス」の規制改革で緩和路線明記(6月14日)

第6位  東商取、「総合エネルギー市場」創設を目指す方針示す(12月13日)

第7位  JCCH、SPAN証拠金の価格変動カバー率を99%に(9月2日)

第8位  先物協会、不招請勧誘撤廃への意見書を作成・公表(11月19日)

第9位  東商取、OTC市場運営の新会社を設立(11月29日)

第10位 エース交易が外資傘下に(2月8日)


第1位ニュース:詳説

2月28日の臨時株主総会で解散が決まった東京穀物商品取引所は、1952年(昭和27)10月の開所から60年、農産物のみならず商品先物取引の“聖地”として君臨してきた。解散決議に先んじて、2月12日に東商取と堂島取に上場商品をすべて移管し、事実上取引所としての機能は停止していた。業界内からは東穀取の解散を惜しむ声が絶えず、“一丁目一番地”とされた重厚な取引所ビルの売却、取り壊しにも慨嘆の声は今だに止まない。農水省が解散を認可したのは3月19日、その後清算業務にかかり、7月31日の事務所の賃貸契約解消をもって組織体が完全に消滅した。

第2位ニュース:詳説

東京工業品取引所が東穀取から農産物4商品の移管を受け東京商品取引所に、関西商品取引所も東穀取のコメ先物市場を継承し大阪堂島商品取引所と名を変えた。東商取の江崎格社長は「商品版の総合取引所」と位置づけ、アジア圏で確固たる地位の確立を目指すとし、堂島取も先物発祥の地である大阪からコメ先物を積極的にアピールする意向を打ち出した。

第3位ニュース:詳説

年頭の賀詞交歓会で東商取の江崎格社長が「遅くても年内」と期限を切ったシステム対応及び総合取への方針策定について、結局時間一杯まで調整を続け、最終的にJPXの対応を見た上で再度検討するというギリギリの選択となった。

第4位ニュース:詳説

コメの生産者団体から激しい反対を受けながらも、何とか試験上場にこぎつけたのは2011年(同23)8月8日だったが、直後に失速・低迷してしまい、以来今日まで細々とした出来高に終始している。仮に出来高不振を理由に延長申請を拒否されたら、それこそ堂島取の存在意義そのものに関わってくるため、農水省もさすがに即不認可とはできなかったようだ。

第5位ニュース:詳説

「骨太の方針」と「日本再興計画」でアベノミクスが出揃い、素案で総合取実現に向けた取組の促進が改めて盛り込まれ、1月に首相の諮問機関として発足した規制改革会議がまとめた規制改革実施計画では、創業等分野の個別措置事項として「リスクマネー供給による起業・新規ビジネスの創出」が12項目掲げられ、うち4項目が商品先物取引に関連している。ここで「顧客勧誘時の適合性原則の見直し等」と明記し、「平成25年度措置」と具体的に期限も示している。

第6位ニュース:詳説

東商取が今後の経営戦略として液化天然ガス(LNG)や電力などのエネルギー関連先物を総括する総合エネルギー市場の創設に向けて動き出す方針を発表。これについては主務省の経産省もバックアップする意向だが、現行の商先法では無体物の上場ができないため法改正が必要となる。

第7位ニュース:詳説

JCCHの価格変動カバー率引き上げは、2012年(同24)4月に発表されたCPSS-IOSCOの金融市場インフラ新原則で、清算機関のリスク管理能力の強化が盛り込まれたことに端を発する。国際的基準に合わせることで信頼性が高まるとの狙いがある。

第8位ニュース:詳説

内閣消費者委や日弁連などから勧誘規制緩和に反対する意見書が多く出されている現状を踏まえ、協会として先物市場の重要性を訴えつつ今後も規制緩和の要求を続けるとする意思表示を行ったもの。11月の内閣消費者委会合では、3省庁の課長が出席し、不招請勧誘禁止措置など規制の実態を説明している。

第9位ニュース:詳説

店頭(OTC)市場を運営するための新会社「ジャパンOTCエクスチェンジ」をギンガエナジージャパンと共同で設立。東商取が直接石油の現物市場活性化に携ることで指標価格の信頼性を高めると同時に、シナジー効果として先物市場の取引増加に繋げる狙いがある。

第10位ニュース:詳説

前年から新旧経営陣の対立が表面化していた同社に、結局外資による外様の新経営陣3人が入り決着を見た。6月には大証JASDAQ市場の上場を廃止し、12月には商号を「エボリューションジャパン」と変更するなど、昨年は動きが目立った。




年末年始の休業のお知らせ

平素よりEn-Richをご利用いただき誠にありがとうございます。

年末年始を下記のとおり休業とさせて頂きますので、ご案内申し上げます。

 ◆ 年末業務最終日: 2013年12月30日(月)17:00まで

 ◆ 年末年始休業日: 2013年12月31日(火)~ 2014年 1月 5日(日)

 ◆ 年始業務開始日: 2014年 1月 6日(月)09:00より

■取引所のスケジュール

 

 □大納会12月30日(月)(日中立会限り)

 □大発会 2014年1月6日(月)




「Tokyo Gold Festival 2014」のお知らせ

政治学者であり元厚生労働大臣の舛添要一氏による基調講演をはじめ、金のスペシャリストによる講演やプレゼント抽選会など金に関心を示す個人投資家等にとって非常に魅力的なコンテンツが用意されています。

イベント名

Tokyo Gold Festival 2014

日時

2014年2月11日(火・祝)12:00~18:00

場所

THE GRAND HALL(品川)

参加費

無料(事前申込制)

定員 480名

講演者(予定)

政治学者、元厚生労働大臣 舛添要一氏

ワールド ゴールド カウンシル駐日代表 森田隆大氏

豊島逸夫事務所代表 豊島逸夫氏

マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表 亀井幸一郎氏

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏 

生活経済ジャーナリスト いちのせかつみ氏 等

主催

ゴールドフェスタ運営事務局

特別後援

ワールドゴールドカウンシル

後援

東京商品取引所、日本商品先物振興協会、東京証券取引所、CMEグループ

参照ページ

http://goldfes.jp/ :title=http://goldfes.jp/






 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ




[東京金]

NY市場は反落したものの、ドル・円相場が1ドル=104円台まで円安に振れたことを受けて総じて反発して始まった。その後は円安とドル建て現物相場の軟調を背景に、もみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比3円高の4169円、出来高は21758枚


[東京白金]

ドル・円相場が1ドル=104円台まで円安に振れたものの、NY市場の下落を受けて総じて続落で始まった。その後はドル建て現物相場の下落を背景に下げ幅を拡大し、午後はもみ合いに転じて取引を終了している。

先限は前日比16円安の4823円、出来高は12355枚。


[東京ガソリン]

円安とNY原油の上昇を受けて、総じて反発で始まった。買い一巡後はNY原油時間外取引の上げ一服を背景に上げ幅を削り、午後はもみ合いとなって取引を終了している。

先限は前日比120円高の81050円、出来高は4558枚。


[東京ゴム]

ドル・円相場が1ドル=104円台まで円安に振れた上、前日のシンガポールゴムの上昇や石油相場の上昇などを受けて、軒並み反発して始まった。買い一巡後は戻り売り圧力も強く、地合いを緩めて上げ幅を削る場面も見られたが、午後に入ると、上海ゴムの堅調に支援されて買い戻されて取引を終了している。

先限は前日比2.9円高の255.7円、出来高は10498枚。


[東京コーン]

シカゴは小幅下落したものの、1ドル=104円台まで進んだ円安を受けて総じて続伸して始まった。その後は様子見ムードの広がりから、終始もみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比170円高の26290円、出来高は578枚。


[東京一般大豆]

シカゴの大幅続伸などを受けて、総じて買い先行で始まった。その後は閑散商いのなか、期近2本を除く限月が堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比350円高の55100円、出来高は223枚。

先物キャンペーン!午年2014

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




2014年第一弾!

午年・2014先物キャンペーン』を開催させていただきます。

午年。うまは人との付き合いが古く、昔から人の役に立ってきました。

「物事が”うま”くいく」「幸運が駆け込んでくる」などといわれるとても縁起のいい動物でもあります。

平成26年度は、今年の干支のように皆様のお役に立てるよう最善を尽くす所存です。

そして、皆様に幸運が訪れることを心から願っております。


2014年度はシステムによる高パフォーマンスにもご期待下さい!!

詳細は、今すぐ下記ホームページで。




業界ニュース


2013年総括、商品先物業界10大ニュース

第1位  東穀取が解散、60年の歴史に幕(2月28日)

第2位  東工取→東商取、関西取→堂島取に名称変更(2月12日)

第3位  東商取次期取引システム、JPX相乗りを再度検討へ(12月13日)

第4位  堂島取コメ先物、農水省が試験上場延長を認可(8月7日)

第5位  商先規制、「アベノミクス」の規制改革で緩和路線明記(6月14日)

第6位  東商取、「総合エネルギー市場」創設を目指す方針示す(12月13日)

第7位  JCCH、SPAN証拠金の価格変動カバー率を99%に(9月2日)

第8位  先物協会、不招請勧誘撤廃への意見書を作成・公表(11月19日)

第9位  東商取、OTC市場運営の新会社を設立(11月29日)

第10位 エース交易が外資傘下に(2月8日)


第1位ニュース:詳説

2月28日の臨時株主総会で解散が決まった東京穀物商品取引所は、1952年(昭和27)10月の開所から60年、農産物のみならず商品先物取引の“聖地”として君臨してきた。解散決議に先んじて、2月12日に東商取と堂島取に上場商品をすべて移管し、事実上取引所としての機能は停止していた。業界内からは東穀取の解散を惜しむ声が絶えず、“一丁目一番地”とされた重厚な取引所ビルの売却、取り壊しにも慨嘆の声は今だに止まない。農水省が解散を認可したのは3月19日、その後清算業務にかかり、7月31日の事務所の賃貸契約解消をもって組織体が完全に消滅した。

第2位ニュース:詳説

東京工業品取引所が東穀取から農産物4商品の移管を受け東京商品取引所に、関西商品取引所も東穀取のコメ先物市場を継承し大阪堂島商品取引所と名を変えた。東商取の江崎格社長は「商品版の総合取引所」と位置づけ、アジア圏で確固たる地位の確立を目指すとし、堂島取も先物発祥の地である大阪からコメ先物を積極的にアピールする意向を打ち出した。

第3位ニュース:詳説

年頭の賀詞交歓会で東商取の江崎格社長が「遅くても年内」と期限を切ったシステム対応及び総合取への方針策定について、結局時間一杯まで調整を続け、最終的にJPXの対応を見た上で再度検討するというギリギリの選択となった。

第4位ニュース:詳説

コメの生産者団体から激しい反対を受けながらも、何とか試験上場にこぎつけたのは2011年(同23)8月8日だったが、直後に失速・低迷してしまい、以来今日まで細々とした出来高に終始している。仮に出来高不振を理由に延長申請を拒否されたら、それこそ堂島取の存在意義そのものに関わってくるため、農水省もさすがに即不認可とはできなかったようだ。

第5位ニュース:詳説

「骨太の方針」と「日本再興計画」でアベノミクスが出揃い、素案で総合取実現に向けた取組の促進が改めて盛り込まれ、1月に首相の諮問機関として発足した規制改革会議がまとめた規制改革実施計画では、創業等分野の個別措置事項として「リスクマネー供給による起業・新規ビジネスの創出」が12項目掲げられ、うち4項目が商品先物取引に関連している。ここで「顧客勧誘時の適合性原則の見直し等」と明記し、「平成25年度措置」と具体的に期限も示している。

第6位ニュース:詳説

東商取が今後の経営戦略として液化天然ガス(LNG)や電力などのエネルギー関連先物を総括する総合エネルギー市場の創設に向けて動き出す方針を発表。これについては主務省の経産省もバックアップする意向だが、現行の商先法では無体物の上場ができないため法改正が必要となる。

第7位ニュース:詳説

JCCHの価格変動カバー率引き上げは、2012年(同24)4月に発表されたCPSS-IOSCOの金融市場インフラ新原則で、清算機関のリスク管理能力の強化が盛り込まれたことに端を発する。国際的基準に合わせることで信頼性が高まるとの狙いがある。

第8位ニュース:詳説

内閣消費者委や日弁連などから勧誘規制緩和に反対する意見書が多く出されている現状を踏まえ、協会として先物市場の重要性を訴えつつ今後も規制緩和の要求を続けるとする意思表示を行ったもの。11月の内閣消費者委会合では、3省庁の課長が出席し、不招請勧誘禁止措置など規制の実態を説明している。

第9位ニュース:詳説

店頭(OTC)市場を運営するための新会社「ジャパンOTCエクスチェンジ」をギンガエナジージャパンと共同で設立。東商取が直接石油の現物市場活性化に携ることで指標価格の信頼性を高めると同時に、シナジー効果として先物市場の取引増加に繋げる狙いがある。

第10位ニュース:詳説

前年から新旧経営陣の対立が表面化していた同社に、結局外資による外様の新経営陣3人が入り決着を見た。6月には大証JASDAQ市場の上場を廃止し、12月には商号を「エボリューションジャパン」と変更するなど、昨年は動きが目立った。




年末年始の休業のお知らせ

平素よりEn-Richをご利用いただき誠にありがとうございます。

年末年始を下記のとおり休業とさせて頂きますので、ご案内申し上げます。

 ◆ 年末業務最終日: 2013年12月30日(月)17:00まで

 ◆ 年末年始休業日: 2013年12月31日(火)~ 2014年 1月 5日(日)

 ◆ 年始業務開始日: 2014年 1月 6日(月)09:00より

■取引所のスケジュール

 

 □大納会12月30日(月)(日中立会限り)

 □大発会 2014年1月6日(月)




「Tokyo Gold Festival 2014」のお知らせ

政治学者であり元厚生労働大臣の舛添要一氏による基調講演をはじめ、金のスペシャリストによる講演やプレゼント抽選会など金に関心を示す個人投資家等にとって非常に魅力的なコンテンツが用意されています。

イベント名

Tokyo Gold Festival 2014

日時

2014年2月11日(火・祝)12:00~18:00

場所

THE GRAND HALL(品川)

参加費

無料(事前申込制)

定員 480名

講演者(予定)

政治学者、元厚生労働大臣 舛添要一氏

ワールド ゴールド カウンシル駐日代表 森田隆大氏

豊島逸夫事務所代表 豊島逸夫氏

マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表 亀井幸一郎氏

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏 

生活経済ジャーナリスト いちのせかつみ氏 等

主催

ゴールドフェスタ運営事務局

特別後援

ワールドゴールドカウンシル

後援

東京商品取引所、日本商品先物振興協会、東京証券取引所、CMEグループ

参照ページ

http://goldfes.jp/ :title=http://goldfes.jp/






 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ


先物リンク
月別アーカイブ
プロフィール
●クリックすると、ある銘柄のサインが表示されます●

商品年間総利益(1枚ベース)
2011年 19,468,100円

2012年 22,674,500円

2013年 21,510,700円

2014年  9,592,300円

2015年 18,332,500円

2016年 29,164,500円

2017年 10,274,000円

2018年 22,476,500円

*2010年以前のものは公式サイトでご確認ください。
【お問合せ】
下記公式サイトへ
極めるFX
月別アーカイブ
FX



  • ライブドアブログ