En-Richの楽しいとありがとうの商品先物

20年以上の実績と最強のテクニカル分析で、金、白金、原油、ガソリン、ゴム、とうもろこしの商品相場の情報をお届けしていきます。

2014年02月

2月は、金相場、石油相場で大勝利!

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




2月は、金、石油が大勝利!


3月は期待度MAXか!!

毎年3月度は、必ず利益で終了しているコースが複数あり。

そして、前半戦は各銘柄面白い展開に突入か!


システムのパターンからすると、注目は○○○。


お楽しみに!



2月度の成績はホームページに掲載中。




業界ニュース

これからどうなる!?金×株×為替in高松

【イベント名】

TOKYO GOLD FESTIVAL2014

視野を広げマクロな視点で考えるスピンオフセミナー Vol.2

『 これからどうなる!?金×株×為替 in 高松 』

【日時】

2014年4月26日(土)13:00-16:30 (開場12:20-)

【場所】

かがわ国際会議室(香川県高松市)

【人数】定員120名

【費用】無料 ※事前申込制

【講演者(予定)】

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏、

豊商事シニアFXストラテジスト 大倉たかし氏 他

【主催】

ゴールド・フェスタ運営事務局

【協賛】

豊商事?

【協力】

ラジオNIKKEI

【後援】

東京金融取引所

※ 詳しくはこちら  http://goldfes.jp/2014/spinoff_vol2/


パンローリング(株)主催「投資戦略フェア エキスポ2014」

欧米で絶大なる信頼を得ているファンドマネージャー兼アドバイザーのマーク・ファーバー氏と日本を代表する金のスペシャリスト、スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏が、「資産防衛としての金(ゴールド)の行方」と題して対談を行うほか、50年のトレード経験を持ち世界で高い評価を受けるトレーダー ラリー・ウィリアムズ氏の講演など、様々なセミナーが予定されています。

詳細は、下記よりご覧ください。

東京商品取引所ホームページ

イベント詳細ページ



2014年1月の概況等について=東京商品取引所

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)



 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

NY市場は小幅反発したものの、円高を受けて売り優勢で始まった。その後はリスク回避の動きなどを受けて下げ幅を拡大したが、安値を買い拾われて下げ一服となって取引を終了している。

先限は前日比11円安の4364円、出来高は48111枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、軒並み反発して始まった。その後はリスク回避の動きに上値を抑えられたが、終盤にかけては値を戻して取引を終了している。

先限は前日比43円高の4787円、出来高は26595枚。


[東京ガソリン]

円高とNY原油の下落を受けて、軒並み売りが先行して始まった。その後は円高進行を背景に下げ幅を拡大したが、終盤にかけては円高一服を受けて下げ幅をやや縮小して取引を終了している。

先限は前日比730円安の79220円、出来高は8759枚。


[東京ゴム]

前日の夜間取引の堅調地合いを引き継いで、総じて買いが優勢で始まった。その後は上海ゴムの上昇を背景に、軒並み上げ幅を拡大した。午後に入ると、円高を受けて上げ幅を縮小する場面も見られたが、終盤にかけては再び地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比7.2円高の225.2円、出来高は24039枚。


[東京コーン]

シカゴの下落を受けて、軒並み続落で始まった。その後は当限を除く5本が、円高を背景に下げ幅を拡大して取引を終了している。

先限は前日比260円安の26440円、出来高は1716枚。


[東京一般大豆]

シカゴの下落を受けて、総じて反落して始まった。その後は円高やシカゴ時間外取引の続落などを背景に、期先でサーキットブレーカーが発動されるなど軟調に推移して取引を終了している。

先限は前日比1870円安の53890円、出来高は713枚。

スイング複数銘柄は引き継ぐ方向か!

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




スイング複数銘柄は引き継いで、

3月上旬から中旬へと、面白い展開も!


注目は、○○○です。


お楽しみに!


業界ニュース

これからどうなる!?金×株×為替in高松

【イベント名】

TOKYO GOLD FESTIVAL2014

視野を広げマクロな視点で考えるスピンオフセミナー Vol.2

『 これからどうなる!?金×株×為替 in 高松 』

【日時】

2014年4月26日(土)13:00-16:30 (開場12:20-)

【場所】

かがわ国際会議室(香川県高松市)

【人数】定員120名

【費用】無料 ※事前申込制

【講演者(予定)】

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏、

豊商事シニアFXストラテジスト 大倉たかし氏 他

【主催】

ゴールド・フェスタ運営事務局

【協賛】

豊商事?

【協力】

ラジオNIKKEI

【後援】

東京金融取引所

※ 詳しくはこちら  http://goldfes.jp/2014/spinoff_vol2/


パンローリング(株)主催「投資戦略フェア エキスポ2014」

欧米で絶大なる信頼を得ているファンドマネージャー兼アドバイザーのマーク・ファーバー氏と日本を代表する金のスペシャリスト、スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏が、「資産防衛としての金(ゴールド)の行方」と題して対談を行うほか、50年のトレード経験を持ち世界で高い評価を受けるトレーダー ラリー・ウィリアムズ氏の講演など、様々なセミナーが予定されています。

詳細は、下記よりご覧ください。

東京商品取引所ホームページ

イベント詳細ページ



2014年1月の概況等について=東京商品取引所

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)



 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

NY市場の下落を受けて、売り優勢で始まった。その後は下げ幅を拡大し、午後ではドル建て現物相場の下げ一服を受けてもみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比50円安の4375円、出来高は34631枚


[東京白金]

NY市場の下落を受けて、売り優勢で始まった。その後は株安などを背景に下げ幅を拡大した。午後に入ると、ドル建て現物相場の下げ一服などを受けて値を戻して取引を終了している。

先限は前日比37円安の4744円、出来高は20639枚。


[東京ガソリン]

まちまちで始まった。その後は様子見ムードの広がりから、もみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比100円安の79950円、出来高は7211枚。


[東京ゴム]

前日の夜間取引の堅調地合いを引き継いで、総じて買いが優勢で始まった。その後は上海ゴムの下落を受けて軒並みマイナスサイドに沈んだ。午後では押し目を買われ、期近3本がプラスサイドに回復して取引を終了している。

先限は前日比2.0円安の218.0円、出来高は17185枚。


[東京コーン]

まちまちで始まった。その後は再開したシカゴ時間外取引の続落を受けて、当限中心に軟調に推移して取引を終了している。

先限は前日比180円安の26700円、出来高は1280枚。


[東京一般大豆]

シカゴの続伸などを受けて、総じて買いが優勢で始まった。その後は期近期中を中心に、堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比10円高の55760円、出来高は484枚。

大切な資産を残していくために

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル



相場には勝った負けたは付き物です。勝ち負けだけで相場をやっているのであれば、そのうち偶然にも一度くらいは大きな利益をだすことも経験されると思います。しかし一度の利益を出すことは誰でも簡単なことではございますが、最終的に資金を増やすことは容易ではございません。相場を投資としてやる以上は、資産を残し財産を築きあげていかなければ意味はありません。

相場の世界では、常に勝ち続けている投資家は1割もいないといわれています。9割近くの投資家達は1年と経たずに相場の世界から消え去っているのが実情です。

当サイトのシステムでは、目先の利益にはとらわれず、大切な資産を残していくためにも年間プログラムを取り入れております。当然ながら短期間ではマイナスがでることもあります。しかし長い目で見た場合に、最終的には過去で実証されていますように、必ずといってよいほど年間成績はある平均値以上の結果を残すことが出来ます。

本格的な資産運用としてご紹介させていただいているため、独自のマネーマネジメントを取り入れております。

当たった、ハズれたの相場をやっていても意味はありません。

資産運用として真剣にお考えなのであれば、1ヶ月よりも当然ながら、半年、1年・・・と長期での運用の方が効果もかなり大きくなります。

実際に実感していただくためにも、なるべく長く運用することをお勧めいたします。

そうすることによって、今まで味わったことのない喜びを感じて頂けるはずです。



業界ニュース

これからどうなる!?金×株×為替in高松

【イベント名】

TOKYO GOLD FESTIVAL2014

視野を広げマクロな視点で考えるスピンオフセミナー Vol.2

『 これからどうなる!?金×株×為替 in 高松 』

【日時】

2014年4月26日(土)13:00-16:30 (開場12:20-)

【場所】

かがわ国際会議室(香川県高松市)

【人数】定員120名

【費用】無料 ※事前申込制

【講演者(予定)】

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏、

豊商事シニアFXストラテジスト 大倉たかし氏 他

【主催】

ゴールド・フェスタ運営事務局

【協賛】

豊商事?

【協力】

ラジオNIKKEI

【後援】

東京金融取引所

※ 詳しくはこちら  http://goldfes.jp/2014/spinoff_vol2/


パンローリング(株)主催「投資戦略フェア エキスポ2014」

欧米で絶大なる信頼を得ているファンドマネージャー兼アドバイザーのマーク・ファーバー氏と日本を代表する金のスペシャリスト、スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏が、「資産防衛としての金(ゴールド)の行方」と題して対談を行うほか、50年のトレード経験を持ち世界で高い評価を受けるトレーダー ラリー・ウィリアムズ氏の講演など、様々なセミナーが予定されています。

詳細は、下記よりご覧ください。

東京商品取引所ホームページ

イベント詳細ページ



2014年1月の概況等について=東京商品取引所

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)



日商協ゼミ、2月に4回開催( 日本商品先物取引協会 )

各回とも定員60人、参加費は1講座3,000円

日本商品先物取引協会は20日、日商協ゼミナールの今年度第2期における開催日程を発表した。それによると開催は2月7日、14日、21日、27日の4回で、時間はいずれも17時から18時半まで。

会場は商品先物取引業者である日本ユニコムが本社事務所(日本橋蛎殻町1)の7階会議室を提供する。定員は各回とも60人で対象は会員役職員及び一般投資家とする。

参加費は1講座1人あたり3,000円(税込)で、申込みは2月3日までに事務局をつとめる市場経済研究所(TEL:03-3664-2161)へ。

なお、各回の講師及び演題は下記のとおり。

第1回(7日)

・演題=「最新判例にみる金融商品トラブルの現状と対応策」、講師=明治大法科大学院・河内隆史教授

第2回(14日)

・演題=「2014年の金・プラチナ市場動向をよむ」、講師=スタンダードバンク東京支店・池水雄一支店長

第3回(21日)

・演題=「2014年の世界経済とマーケットをよむ」、講師=BNPパリバ証券投資調査本部・中空麻奈本部長

第4回(27日)

・演題=「石油中心にみる国際商品市況」、講師=伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリー・伊藤敏憲代表



 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

NY市場の上昇を受けて、買いが優勢で始まった。その後はもみ合いとなったが、午後に入ると、リスク選好の動きが出たことをきっかけに先限が昨年9月以来の高値4423円を付けるなど、上値を伸ばして取引を終了している。

12月限は前日比25円高の4423円、新甫2月限は終値4425円、出来高は35015枚


[東京白金]

NY市場の上昇を受けて、総じて買いが先行して始まった。その後はドル建て現物相場の下落などを受けて地合いを緩め、まちまちとなった。午後に入ると、株高一服に上値を抑えられたが、金堅調を受けて小幅高となって取引を終了している。

12月限は前日比2円安の4767円、新甫2月限は終値4781円、出来高は20054枚。


[東京ガソリン]

NY原油の下落を受けて、反落して始まった。その後はNY原油時間外取引の軟化を背景に、下げ幅を急拡大して取引を終了している。

8月限は前日比1210円安の80830円、新甫9月限は終値80050円、出来高は7660枚。


[東京ゴム]

石油相場の下落などを受けて、総じて売りが先行して始まった。その後は上海ゴムの続落を背景に下げ幅を拡大する場面も見られたが、押し目買い意欲も強く、プラスサイドに切り返した。午後では上げ幅は限定的でもみ合いに転じたが、終盤にかけては再び地合いを引き締めて取引を終了している。

先限は前日比0.7円高の220.0円、出来高は15910枚。


[東京コーン]

まちまちで始まった。その後は再開したシカゴ時間外取引の小反落を受けて当限が軟調となったが、その他限月は円安などを背景に堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比60円高の26880円、出来高は876枚。


[東京一般大豆]

まちまちで始まった。その後は閑散とした商いのなか、期近3本はおおむね変わらず水準で上げ渋る形となり、先3本はおおむねプラス換算を映して続伸商いに振れたが、引け間際に2月先限が反落するなど、各限月方向感に欠く展開で取引を終了している。

先限は前日比90円安の55750円、出来高は127枚。

これからどうなる!?金×株×為替

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




業界ニュース

これからどうなる!?金×株×為替in高松

【イベント名】

TOKYO GOLD FESTIVAL2014

視野を広げマクロな視点で考えるスピンオフセミナー Vol.2

『 これからどうなる!?金×株×為替 in 高松 』

【日時】

2014年4月26日(土)13:00-16:30 (開場12:20-)

【場所】

かがわ国際会議室(香川県高松市)

【人数】定員120名

【費用】無料 ※事前申込制

【講演者(予定)】

スタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏、

豊商事シニアFXストラテジスト 大倉たかし氏 他

【主催】

ゴールド・フェスタ運営事務局

【協賛】

豊商事?

【協力】

ラジオNIKKEI

【後援】

東京金融取引所

※ 詳しくはこちら  http://goldfes.jp/2014/spinoff_vol2/


パンローリング(株)主催「投資戦略フェア エキスポ2014」

欧米で絶大なる信頼を得ているファンドマネージャー兼アドバイザーのマーク・ファーバー氏と日本を代表する金のスペシャリスト、スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏が、「資産防衛としての金(ゴールド)の行方」と題して対談を行うほか、50年のトレード経験を持ち世界で高い評価を受けるトレーダー ラリー・ウィリアムズ氏の講演など、様々なセミナーが予定されています。

詳細は、下記よりご覧ください。

東京商品取引所ホームページ

イベント詳細ページ



2014年1月の概況等について=東京商品取引所

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)



日商協ゼミ、2月に4回開催( 日本商品先物取引協会 )

各回とも定員60人、参加費は1講座3,000円

日本商品先物取引協会は20日、日商協ゼミナールの今年度第2期における開催日程を発表した。それによると開催は2月7日、14日、21日、27日の4回で、時間はいずれも17時から18時半まで。

会場は商品先物取引業者である日本ユニコムが本社事務所(日本橋蛎殻町1)の7階会議室を提供する。定員は各回とも60人で対象は会員役職員及び一般投資家とする。

参加費は1講座1人あたり3,000円(税込)で、申込みは2月3日までに事務局をつとめる市場経済研究所(TEL:03-3664-2161)へ。

なお、各回の講師及び演題は下記のとおり。

第1回(7日)

・演題=「最新判例にみる金融商品トラブルの現状と対応策」、講師=明治大法科大学院・河内隆史教授

第2回(14日)

・演題=「2014年の金・プラチナ市場動向をよむ」、講師=スタンダードバンク東京支店・池水雄一支店長

第3回(21日)

・演題=「2014年の世界経済とマーケットをよむ」、講師=BNPパリバ証券投資調査本部・中空麻奈本部長

第4回(27日)

・演題=「石油中心にみる国際商品市況」、講師=伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリー・伊藤敏憲代表



 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

円安とNY市場の上昇を受けて、軒並み続伸して始まった。その後は上げ幅を拡大する場面も見られたが、ドル建て現物相場の小幅安などを背景に上げ幅を縮小し、午後はもみ合いに転じて取引を終了している。

先限は前日比37円高の4398円、出来高は36792枚


[東京白金]

NY市場の上昇や円安を受けて、総じて続伸で始まった。その後は株高などを背景に堅調となったが、買い一巡後はドル建て現物相場の小幅安などを受けて上げ一服となり、もみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比35円高の4769円、出来高は16537枚。


[東京ガソリン]

円安やNY原油の上昇を受けて、総じて反発して始まった。その後はもみ合いとなったが、午後に入ると、円ジリ安などを背景に堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比420円高の82400円、出来高は5284枚。


[東京ゴム]

円安や石油相場の上昇などを受けて、総じて反発して始まった。その後は上海ゴムの続落を背景にマイナスサイドに沈む場面も見られたが、午後では円ジリ安や石油相場の上昇などを背景に買い戻されて取引を終了している。

7月限は前日比1.7円高の219.1円、新甫8月限は終値219.3円、出来高は16634枚。


[東京コーン]

まちまちで始まった。その後は手掛かり材料難から気迷いムードが広がり、期近安期先高となって各限月まちまちで取引を終了している。

先限は前日比70円高の26820円、出来高は819枚。


[東京一般大豆]

円安やシカゴの続伸を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後は円ジリ安などを背景に、総じて堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比70円高の55840円、出来高は601枚。

貴金属、石油、ゴム、穀物、総じて好調!

先物情報!

にほんブログ村 先物 システムトレード

人気ブログランキングへ

商品先物取引ポータル




貴金属、石油、ゴム、穀物相場

スイングは、総じて好調!


月末に向けて、そして3月上旬と、

各銘柄で面白い展開も!


注目は、○○○です。


業界ニュース


パンローリング(株)主催「投資戦略フェア エキスポ2014」

欧米で絶大なる信頼を得ているファンドマネージャー兼アドバイザーのマーク・ファーバー氏と日本を代表する金のスペシャリスト、スタンダードバンク東京支店長の池水雄一氏が、「資産防衛としての金(ゴールド)の行方」と題して対談を行うほか、50年のトレード経験を持ち世界で高い評価を受けるトレーダー ラリー・ウィリアムズ氏の講演など、様々なセミナーが予定されています。

詳細は、下記よりご覧ください。

東京商品取引所ホームページ

イベント詳細ページ



2014年1月の概況等について=東京商品取引所

詳細は、こちらをご覧ください。(PDF)



日商協ゼミ、2月に4回開催( 日本商品先物取引協会 )

各回とも定員60人、参加費は1講座3,000円

日本商品先物取引協会は20日、日商協ゼミナールの今年度第2期における開催日程を発表した。それによると開催は2月7日、14日、21日、27日の4回で、時間はいずれも17時から18時半まで。

会場は商品先物取引業者である日本ユニコムが本社事務所(日本橋蛎殻町1)の7階会議室を提供する。定員は各回とも60人で対象は会員役職員及び一般投資家とする。

参加費は1講座1人あたり3,000円(税込)で、申込みは2月3日までに事務局をつとめる市場経済研究所(TEL:03-3664-2161)へ。

なお、各回の講師及び演題は下記のとおり。

第1回(7日)

・演題=「最新判例にみる金融商品トラブルの現状と対応策」、講師=明治大法科大学院・河内隆史教授

第2回(14日)

・演題=「2014年の金・プラチナ市場動向をよむ」、講師=スタンダードバンク東京支店・池水雄一支店長

第3回(21日)

・演題=「2014年の世界経済とマーケットをよむ」、講師=BNPパリバ証券投資調査本部・中空麻奈本部長

第4回(27日)

・演題=「石油中心にみる国際商品市況」、講師=伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリー・伊藤敏憲代表



 

おかげ様で、

投資顧問ランキングは現在1位を獲得中です。


商品先物投資顧問トップのサイトとは!?


詳細は、ホームページへ






[東京金]

NY市場は小幅下落したものの、円安とドル建て現物相場の上昇を受けて、軒並み反発して始まった。その後はドル建て現物相場の上げ一服に上値を抑えられて上げ幅を縮小したが、午後に入ると、円安を受けて堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比44円高の4346円、出来高は26492枚


[東京白金]

円安やドル建て現物相場の上昇を受けて、軒並み買いが先行して始まった。その後は様子見ムードの広がりから、高値もみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比60円高の4718円、出来高は10741枚。


[東京ガソリン]

NY原油は下落したものの、1ドル=102円台前半まで進んだ円安を受けて反発して始まった。買い一巡後は上げ幅を縮小する場面も見られたが、引けにかけては円安進行に支援されて背景に買い戻されて取引を終了している。

先限は前日比780円高の82110円、出来高は5211枚。


[東京ゴム]

納会を控えた当限を除いて、円安と石油相場の上昇を受けて反発して始まった。その後は様子見ムードの広がりから、もみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比2.9円高の227.1円、出来高は7125枚。


[東京コーン]

円安とシカゴの上昇を受けて、総じて続伸して始まった。その後は様子見ムードの広がりから、もみ合いで推移して取引を終了している。

先限は前日比60円高の26930円、出来高は2360枚。


[東京一般大豆]

まちまちで始まった。その後はシカゴ時間外取引の反落を背景に地合いを弱める場面も見られたが、午後は円安進行を受けて堅調に推移して取引を終了している。

先限は前日比180円高の55860円、出来高は812枚。


先物リンク
プロフィール
●クリックすると、ある銘柄のサインが表示されます●

2016年商品全コース総利益(1枚ベース)
29,164,500円
商品年間総利益(1枚ベース)
2011年 19,468,100円

2012年 22,674,500円

2013年 21,510,700円

2014年  9,592,300円

2015年 18,332,500円

2016年 29,164,500円

*2010年以前のものは公式サイトでご確認ください。
【お問合せ】
下記公式サイトへ
極めるFX
月別アーカイブ
FX



  • ライブドアブログ